白峯 一

スポンサーリンク

雨月物語 巻之一

白(しら)    峯(みね)

        
あふ坂の関守(せきもり)にゆるされてより、秋こし山の黄葉(もみぢ)見過ごしがたく、浜千鳥の跡ふみつくる鳴海(なるみ)がた、不尽(ふじ)の高嶺(たかね)の煙(けぶり)、浮嶋がはら、清見が関、大磯(いそ)こいその浦々、むらさき艶(にほ)ふ武蔵野の原、(しほがま)の和(な)ぎたる朝げしき、象潟(きさがた)の蜑(あま)が苫(とま)や、佐野の船(ふな)梁(ばし)、木曽の桟橋(かけはし)、心のとどまらぬかたぞなきに、猶(なほ)西の国の歌枕見まほしとて、仁安(にんあん)三年の秋は、葭(あし)がちる難波(なには)を経(へ)て須磨(すま)明石(あかし)の浦ふく風を身にしめつも、行(ゆく)ゆく讃岐(さぬき)の真(み)尾坂(をざか)の林(はやし)といふにしばらく杖(つゑ)を 植(とど)む。草枕(くさまくら)はるけき旅路の労(いたはり)にもあらで、観念(くわんねん)修行(しゅぎょう)の便(たより)せし庵(いほり)なりけり。

現代語訳

逢坂山(おおさかやま)の関所の番人に(通行を)許されて(東国の方へ向かってから)、すでに秋が訪れた山の紅葉の(美景も)、見過ごせなくなり、(そのまま諸国行脚をつづけることにしたが、(なかでも)浜千鳥が砂浜に降り立って足跡をつけて遊ぶ鳴海(なるみ)潟(がた)、富士山の(雄大な)噴煙、浮島が原、清見が関、大磯小磯の浦々の(風光)、(更に)紫草の美しく咲く武蔵野の原、(下っては)、塩竃(しおがま)の海の穏やかな朝景色、象潟(きさがた)の漁師の(ひなびた)苫(とま)ぶきの家々の眺め、佐野の船橋、木曽の桟橋(かけはし)などのありさまは、(どれひとつとして)心惹(ひ)かれないところはなかったが、(そのうえ)なお西国の歌名所をみたいものだと、仁安三年の秋には、葭(あし)の花散る難波(なにわ)を経て、須磨・明石の浦を吹く汐風を身にしみじみと感じながら、(旅をつづけて四国にわたり)、讃岐(さぬき)の真(み)尾坂(をざか)の林というところに、しばらく逗留することにした。(これとても野宿などを重ねてきた)長旅の疲れを休めるためでなく、心の中に仏を求め修業すべき拠り所とする庵なのであった。

語句

■白峯-香川県坂出市青海町にあり崇徳院の御陵がある。■あふ坂-京都と滋賀の境にあった関■関守(せきもり)にゆるされて-逢坂の関の万人に通行を許されて。■秋こし山の黄葉-秋が来て色づいた山の紅葉。■浜千鳥の跡ふみつくる-浜千鳥が砂浜に降り立って足跡をつける。「のは「が」の意で主格を表す格助詞。■鳴海(なるみ)がた-愛知県名古屋市緑区鳴海町付近の干潟■不尽(ふじ)の高嶺(たかね)-「不尽」は「富士」で富士山。富士山は昔は活火山であった。■浮嶋がはら-静岡県富士市浮島沼付近の沼沢地。歌枕。■清見が関-静岡県静岡市清水区興津清美寺町にあった関所。歌枕。■大磯(いそ)こいそ-大磯・小磯ともに神奈川県大磯町にある。歌枕。■むらさき艶(にほ)ふ武蔵野の原-紫草の美しく咲く武蔵野■塩竃-宮城県塩釜市の海。■和(な)ぎたる-海が穏やかなようす。■象潟(きさがた)-秋田県由利郡象潟町。当時は入江であった。歌枕。「蜑(あま)が苫(とま)や」は、苫で屋根を葺いた漁夫の家。粗末な漁夫の家をいう。■佐野の船(ふな)梁(ばし)-群馬県高崎市の南部、佐野の鳥川に架せられた、船を並べ板を渡した橋。歌枕。■木曽の桟橋(かけはし)-木曽川上流地方のけわしい崖や山道にかけられた橋。■見まほしとて-見たいと思って。「まほし」は希望の助動詞。■仁安(にんあん)三年-1168年。高倉天皇の代。西行51歳。崇徳院没後四年目。■葭(あし)がちる-「難波」の歌枕でもある。■須磨・明石の浦-兵庫県の神戸・明石の海岸。源氏物語以降の名勝地。■しめつも-しみじみと感じながら。■真(み)尾坂(をざか)-香川県坂出市王越町にある。今でもそこに西行庵の跡がある。■林といふに-林という所に■杖(つゑ)を 植(とど)む-逗留する。■労-「労苦(いたはり)」。■悟りの道を念じて仏道修行すること。■便(たより)せし庵(いほり)-よすが(身や心を寄せるよりどころ)として結んだ庵(小さい簡単な住居。草ぶきの小屋。隠遁(いんとん)者また僧尼の住む家。)

備考・補足

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク