白峯 九

スポンサーリンク

           
又、『周(しう)の創(はじめ)、武(ぶ)王(わう)一たび怒(いか)りて天下の民を安くす。臣として君を弑(しい)すといふべからず。仁(じん)を賊(ぬす)み義を賊(ぬす)む、一夫(いっぷ)の紂(もう)を誅(ちゅう)するなり』といふ事、孟子(まうし)といふ書にありと人の伝(つた)へに聞き侍(はべ)る。

されば漢土(もろこし)の書は経典(けいてん)・史(し)策(さく)・詩文(しぶん)にいたるまで渡さざるはなきに、かの孟子(まうし)の書ばかりいまだ日本に来らず。此の書を積みて来たる船は、必ずしも暴風(あらきかぜ)にあひて沈没(しづむ)よしをいへり。

それをいかなる故ぞととふに、我が国は天(あま)照(てら)すおほん神の開闢(はつぐに)しろしめししより、日嗣(ひつぎ)の大王(きみ)絶(たゆ)る事なきを、かく口(くち)賢(さか)しきをしへを伝えなば、末の世に神孫(しんそん)を奪(うば)うて罪(つみ)なしといふ敵(あた)も出(いづ)べしと八百(やほ)よろづの神の悪(にく)ませ給うて、神風を起(お)こして船を覆(くつがへ)し給ふと聞く。

されば他国(かのくに)の聖(ひじり)の教(をしへ)も、ここの国土(くにつち)にふさわしからぬことすくなからず。

現代語訳


また、『周の建国の際、武王がひとたび憤(いきどお)りを発して、暴帝紂(ちゅう)王(おう)を討ち滅ぼし、天下の民を安んじた。これを臣下の身でありながら天子を殺したといってはならぬ。仁を破り義を損なった、一人の無法者としての紂王を討ったのだ』ということが、孟子という書に載っていると人伝(ひとづて)に聞いております。

それゆえにこそ唐土の書典は、経典(けいてん)・史(し)策(さく)・詩文(しぶん)にいたるまでわが国に渡来していないものはないのに、この孟子一書だけは未(いま)だ到来しておりませぬ。この書を積んで来る船は、必ず暴風にあって沈没することがいわれております。

それは何ゆえかと問えば、わが国は天(あま)照(てらす)大神(おおみかみ)が開闢(ひらき)お治めになって以来、その血脈を継承する帝が絶えたことのない国柄(くにがら)であるのに、このような小賢(こざか)しい教えが伝来すれば、後世に至って神孫から帝位を武力で奪っても罪ではないとする悪臣も出ようと、八百万(やおよろず)の神々がお憎みになって、神風を起こしてその船を転覆させるのであると聞いております。

してみれば唐土の聖人の教えといえども、この国の国風、国柄にそぐわないことも少なくはないのであります。

語句

■武王一たび怒りて云々-武王が義憤によって紂王を討ったこと。■弑(しい)す-臣子が君父を殺すこと。■賊(ぬす)み- 出典(孟子)によった語で「害」の意。■一夫(いっぷ)の紂(もう)-無頼漢としての紂王。殷の最後の王で、暴悪無道で知られる。■経典-儒教の経義を説いた書。史策は「史記」などの歴史書。詩文は詩集・文集などの文学書。渡さざるはなきに-「渡さざる書はなきに」の略。■必ずしも-「必ず」の強調。■開闢しろしめし-初めて国をお治めになる。■日嗣(ひつぎ)の大王(きみ)-代々の天皇。■小賢(こざか)しい教え-口先で言いくるめた、小ざかしい教え。■神孫-天(あま)照(てらす)大神(おおみかみ)の血脈を受けた子孫■敵-悪者。「あた」と清音。■八百万(やおよろず)の神々-非常に多くの神々。■他国(かのくに)の聖(ひじり)の教(をしへ)-中国の聖人の教え。儒教の教え。

備考・補足

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク