白峯 十

スポンサーリンク

         
且(かつ)、詩(し)にもいはざるや、『兄弟(けいてい)牆(うち)に鬩(せめ)ぐとも外(よそ)の侮(あなど)りを禦(ふせ)げよ』と。

さるを、骨肉(こつにく)の愛(あい)をわすれ給ひ、あまさへ一院崩御(かみがくれ)給ひて、殯(もがり)の宮に肌(みは)膚(だへ)もいまだ寒(ひえ)させたまはぬに、御旗(みはた)なびかせ弓(ゆ)末(すゑ)ふり立て宝祚(みくらゐ)をあらそひ給ふは、不幸(ふかう)の罪(つみ)これより劇(はなはだ)しきはあらじ。

天下は神器(じんき)なり。人のわたくしをもて奪(うば)ふとも得(う)べからぬことわりなるを。

たとへ重仁王(しげひとぎみ)の即位(みくらゐ)は民の仰(あふ)ぎ望(のぞ)む所なりとも、徳を布(しき)、和(くは)を施(ほどこ)し給はで、道ならぬみわざをもて代(よ)を乱(みだ)し給ふ即(とき)は、きのふまで君を慕(した)ひしも、けふは忽(たちまち)怨敵(あた)となりて、本意(ほい)をも遂(とげ)たまはで、いにしへより例(あと)なき刑(つみ)を得給ひて、かかる鄙(ひな)の国の土(つち)とならせ給ふなり。

ただただ旧(ふる)き讐(あた)をわすれ給うて、浄土(じゃうど)にかへらせ給はんこそ願(ねがは)まほしき叡慮(みこころ)なれ」と、はばかることなく奏(まをし)ける。

現代語訳


その上、詩経にもいっていませぬか、『兄弟は内では相争っても、外からの軽侮に対しては一致して防げ』と。

それなのに骨肉の兄弟愛をお忘れになり、あまつさえ父帝鳥羽院が崩御されて、未だ殯(ひん)宮(きゅう)のご遺体の肌も冷えきらぬうちに、軍(いくさ)の御旗を挙げ、弓弭(ゆはず)を振り立てて御位(みくらい)を争うとは、不幸の罪にこれ以上のものはございませぬ。

天下とは人の私できぬ神器であります。私利私欲をもって奪い取っても得られるはずがないのが道理であります。

たとえ重仁(しげひと)王子のご即位が、民の待ち望むものであったとしても、徳を敷き広め、和をお恵みにならずに、道に外(はず)れたなされかたで世をお乱しになれば、昨日まで君主(おかみ)をお慕いした者も、今日はたちまち敵対者となって、ご本意を遂げられないばかりか、古来、例のない罪科(つみ)を得られ、このような辺鄙(へんぴ)な国の土となられたのであります。

ただひたすらに過去の憎しみを忘れ去られ、浄土へのお帰りこそ、願わまほしき御心であります。」と憚(はばか)ることもなく奏上した。

語句

■いはざるや-「いはずや」とあるのが正しい。「や」は反語の係助詞。■牆(うち)に鬩(せめ)ぐ-「牆(うち)」は内輪。「 鬩(せめ)」は恨み争うの意。■外(よそ)の侮(あなど)りを禦(ふせ)げよ-外部から侮りを受けたなら一緒になってこれを防げ。■さるを-それなのに。■骨肉(こつにく)の愛(あい)-肉親の愛。■あまさへ-そのうえ。「あまつさへ」に同じ。以下同。■一院- 鳥羽法皇。崇徳院を新院というのに対して言う。■殯(もがり)の宮-貴人の遺体を治めた棺を、本葬までの間、安置しておく仮殿。「あらきの宮」とも。■肌(みは)膚(だへ)もいまだ寒(ひえ)させたまはぬに-亡くなられてまだ肌の温もりが残っている状態で。死後いくらも経っていない状態で。ここでは鳥羽院の崩ぜられて間もないこと。■御旗(みはた)なびかせ-挙兵すること。「旗」は軍旗の意。■弓(ゆ)末(すゑ)ふり立て-武力をふるって。「弓末」は弓の上端で「弓(ゆ)筈(はず)」ともいう。■天下は神器(じんき)なり-天下は神の定めた器であって、人のどうすることもできないものである。(老子二十九章)■人のわたくし-人間の私欲。「わたくし」は「わたくしごと」の意で名詞。■徳を布(しき)、和(くは)を施(ほどこ)し給はで-人徳による政治を行わず、平和の恵みを施すことをなされないで。■前例のない刑罰。ここは崇徳院が讃岐に配流になったことを指す。■奏(まをし)ける-「奏(まをし)けり」とあるべきところ。連体形止めで強意と余情表現。

備考・補足

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク