白峯 十四

スポンサーリンク

   
雅(まさ)仁(ひと)朕(われ)につらかりしほどは終(つひ)に報(むく)ふべきぞ」と、御声(みこえ)いやましに恐ろしく聞えへけり。

西行いふ。「君、かくまで魔界(まかい)の悪行(あくごふ)につながれて、仏土(ぶつど)に億万里を隔(へだ)て給へばふたたびいはじ」とて、只黙してむかひ居たりける。

時に峰(みね)谷(たに)ゆすり動(うご)きて、風、叢(は)林(やし)を僵(たふ)すがごとく、沙(まさ)石(ご)を空(そら)に巻(まき)上(あぐ)る。

見るみる一段の隠(いん)火(くわ)君が膝の下より燃(もえ)上(あが)りて、山も谷も昼のごとくあきらかなり。

光(ひかり)の中につらつら御気色(みけしき)を見たてまつるに、朱(あけ)をそそぎたる竜顔(みおもて)に、荊(おどろ)の髪(かみ)、膝(ひざ)にかかるまで乱れ、白眼(しろまなこ)を吊(つり)あげ、熱(あつ)き嘘(いき)をくるしげにつがせ給ふ。御衣(ぎょい)は柿(かき)色(いろ)のいたうすすびたるに、手足の爪(つめ)は獣(けもの)のごとく生(おひ)のびて、さながら魔王の形(かたち)、あさましくもおそろし。
 
空(そら)にむかひて、「相模(さがみ)、相模」と呼(よば)せ給ふ。「あ」と答へて、鳶(とび)のごとくの化(け)鳥(てう)翔(かけ)来り、前(まえ)に伏(ふし)て詔(みことのり)をまつ。

現代語訳

そして雅(まさ)仁(ひと)が私につらい目をみせた分は、最後にはきっと報いてやるぞ」と、御声はいっそう恐ろしく聞こえるのであった。

西行は答えた。「君主(おかみ)がこれほど深く魔界の悪縁につながれ、仏の極楽浄土と億万里を隔てておられる以上、もはや何も申し上げられませぬ」。と、後は口もきかずに向い合っていただけである。

その時、峰も谷も揺れ動き、烈風は林を吹き倒さんばかりに吹き、砂や小石を空に巻き上げた。と思うとみるみるうちにひとかたまりの鬼火が新院の膝(ひざ)の下から燃え上がり、山も谷も昼間のように明るくなった。

光の中でよくよく(崇徳院の)ご様子を拝見すると、怒りで真っ赤に染まったお顔に、くしけずらず、ぼうぼうと乱れた髪が膝にかかるほど長くまつわり、(人を睨み付けた)白い目を吊り上げ、熱い吐息を苦しそうについておられる。御衣(ぎょい)は柿色のひどくすすけたのを召され、手足の爪は獣のように長く延びて、さながら魔王そのもののお姿は情けなく又恐ろしい。

空に向って「相模、相模」とお呼びになる。「はっ」と答えて鳶(とび)のような怪しい鳥が飛んで来て、新院の前にひれ伏し、お言葉を待つ。

語句

■雅仁-後白河帝。■悪行-悪い因縁。逃れられないくびき(自由を束縛するもの)。 ■仏土-ここでは極楽浄土。妄執を持つ者の堕ちる魔道は、浄土に最も遠い所。 ■見るみる-見る間に。またたく間に。■一段の隠火-ひとかたまりの鬼火。 ■沙石-真砂。細かい砂。■朱をそそぎたる-怒りで顔が真っ赤になること。■竜顔-天使の顔の敬称。■荊の髪-くしけずらず乱れている髪。■白眼-人を憎んで睨みつける時の顔つき。■柿色の-茶褐色の修験者の衣の色。柿の渋色。■いたう-たいそう。■すすびたるに- すすけているその上に。「に」は添加の意の格助詞。■相模-三井寺の僧相模阿闍梨勝尊。保元の乱で崇徳上皇方について、後白河天皇を呪詛した。天狗になって白峰に棲みついた。現在でも白峰山に相模坊が祀られている。 ■化鳥-変化の鳥。怪しい鳥。天狗の姿が鳶に似ることは古くからの伝承。

備考・補足

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク