菊花の約 七

スポンサーリンク

           
五十(いそぢ)あまりの武士(もののべ)、廿(はたち)あまりの同じ出立(いでたち)なる、「日和(には)はかばかりよかりしものを、明石(あかし)より船もとめなば、この朝びらきに牛窓(うしまど)の門(と)の泊(とま)りは追(おふ)べき。若き男(をのこ)は却(けく)物(もの)怯(おびえ)して、銭おほく費(つひ)やすことよ」といふに、「殿(との)の上(のぼ)らせ給ふ時、小豆(あづき)島(じま)より室津のわたりし給ふに、なまからきめにあはせ給ふを、従(みとも)に侍(はべ)りしもののかたりしを思へば、このほとりの渡りは必ず怯(おびゆ)べし。な恚(ふくつみ)給ひそ。魚が橋の蕎麦(くろむぎ)ふるまひまうさんに」といひなぐさめて行く。

口とる男(をのこ)の腹(はら)だたしげに、「此の死(しに)馬(うま)は眼(まなこ)をもはたけぬか」と、荷(に)鞍(ぐら)おしなほして追ひもて行く。午(ひ)時(る)もややかたふきぬれど、待ちつる人は来らず。

西に沈(しづ)む日に、宿り急(いそ)ぐ足のせはしげなるを見るにも、外(と)の方(かた)のみまもられて心酔(よゑ)るが如し。老母左門を呼びて、「人の心の秋にはあらずとも、菊の色こきはけふのみかは。帰りくる信(まこと)だにあらば、空(そら)は時雨(しぐれ)にうつりゆくとも何をか怨(うら)むべき。入りて臥(ふし)もして、又翌(あす)の日を待つべし」とあるに、否(いな)みがたく、母をすかして前(さき)に臥(ふさ)しめ、もしやと戸(と)の外(そと)に出でて見れば、銀河(ぎんが)影きえぎえに、氷(ひよう)輪(りん)我のみを照(てら)して淋しきに、軒(のき)守(まも)る犬の吼(ほゆ)る声すみわたり、浦浪の音ぞここもとにたちくるやうなり。

現代語訳

五十歳あまりの武士が、連れの二十代の同じ服装(いでたち)の(武士に向って)、「海面(うなづら)はこんなに穏やかではないか-----。明石(あかし)から船に乗っていたら、この早朝に船出して、今頃は牛窓(うしまど)の港に向っていただろうに-----。若い男の方がかえって物おじして、無駄金を費(つか)ってしまうことよ」と愚痴を言い、「殿がご上洛なさった時は、小豆(しょうど)島から室津(むろづ)へ船旅なさったが、海が荒れて大変な目に遭われたと、随伴(おとも)の者から聞いたことを思うと、このあたりの船旅は誰だって恐れて当然です。そんなにお怨みになるな。魚が橋で蕎麦(そば)をご馳走しますから」と、若い武士が慰めながら通り過ぎる。

また馬方が腹立たし気に、「このくたばり馬めが。居眠りでもしているのか」と、荒々しく荷鞍を押し直し、怒鳴り散らしていく。こうして昼もだいぶ過ぎたものの、左門の待っている人はまだ来なかった。

日が西に沈みかけ、宿りを急ぐ旅人たちの足取りが気忙しくなるのを見るにつけて、(左門は)外の方に目はひきつけられ、心はまるで酔ったようであった。老母は左門を呼んで、「あの人の心変りでさえなければ、再会を約束した菊の色濃く美しい日は、何も今日に限ったことではありません。帰るという誠意があるならば、たとえ時雨空の頃になったとしても何を恨むことがあろう。家に入って横になり、明日を待ちなさい」とさとすのを拒みかねて、母をいいなだめて先に寝かせ、もし万一にでも(赤穴が来はしまいか)と戸外へ出てみると、天の川の星も薄れがちで、月は自分一人を照らして淋しい上に、どこかの番犬の吼える声が澄みわたって聞え、海岸の浪の音が、すぐ足元にまで押し寄せてくるかのようである。

語句

■日和(には)-海面、海上■出立(いでたち)なる-みなり。服装。「なる」(連体形)の下に「武士」の語を補って訳す。■朝びらき-朝早く船出すること。■牛窓の門-今の岡山県邑久郡牛窓町。「門」は海峡。■追ふべき-船を進める。■若き男-前の「廿(はたち)あまりの同じ出立(いでたち)なる」武士を指す。■却(けく)-かえって。■物(もの)怯(おびえ)して-こわがって。「物」はあることを漠然という。■わたり-渡海。渡船。■なまからきめ-手いどい目。さんざんな目。「なま」は接頭語。■従(みとも)に侍(はべ)りしものの-お供をした者。■必ず怯(おびゆ)べし-きっとこわがるでしょう。「べし」は推量の助動詞。■な恚(ふくつみ)給ひそ-怒ってはいけません。「な…そ」は禁止の表現。■「くろむぎ」は蕎麦(そば)の古名。■ふるまひまうさんに-ご馳走しますから。■口とる男-馬子。馬方。■死馬-つまずいたり、よろめいたりする馬を罵っていった言葉。ばか馬。■はたけ-大きくあける。馬がつまずいたりよろめいたのを居眠りでもしていたせいだと、眼を大きくあけろと罵ったのである。■荷(に)鞍(ぐら)-荷物を積むのに用いる鞍。■追ひもて行く-追いながら行く。■午(ひ)時(る)-正午。■まもられて-「目(ま)守(も)る」。目が行って。■心酔(よゑ)るが如し-心は酔ったように上の空である。■人の心の秋にはあらずとも-人の心が変りやすい秋の空のように、変ったのではなくとも。「秋」に「飽き」が掛詞になっている。■菊の色こきは-菊の花の色濃く咲くのは。「色こき」は「色こき日」の略で約束の堅いこと。■信だにあらば-誠実な心さえあれば。■「空は…うつる」は時候の推移をいう。■時雨-初冬、侘しく定めなく降る雨。「まこと」と「時雨」は縁語。■入りて臥しもして-家の中に入ってやすんで。「も」は強意の係助詞。■とあるに-といわれたので。■すかして-いいなだめて。一応は母に従うように見せて、母を安心させ先にやすませたのである。■銀河影きえきえに-「銀河」は天の川。「影」は、光で、星の光。天の川の星の光がいまにも消えそうに弱まった状態をいう。■氷(ひよう)輪(りん)- 月の異名。■浦浪の音ぞここもとにたちくるやうなり-夜分の静寂の中で、波の音がやたらに大きく聞こえるさま。

備考・補足

■小豆(あづき)島(じま)-香川県小豆島(しょうどしま)。■室津-今の兵庫県揖保郡御津町の南端にある港。瀬戸内海航路の要衝であった。■魚が橋-兵庫県高砂市阿弥陀町にあった古い宿駅。■加古の街道筋を行く旅人たちの会話・情景は、本筋に何の関係もないが、これを描くことで、赤穴を待ちながら、しだいに高まってゆく左門の心理・焦燥を効果的に述べる。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク