蛇性の婬 七

スポンサーリンク

武士らかしこまりて、又豊雄を押したてて彼処(かしこ)に行きて見るに、厳(いか)めしく造りなせし門の柱も朽(くち)くさり、軒の瓦(かはら)も大かたは砕(くだけ)おちて、草しのぶ生(おひ)さがり、人住むとは見えず。豊雄是を見て只あきれにあきれゐたる。武士らかけ廻(めぐ)りて、ちかきとなりを召(めし)あつむ。木伐老(ききるをぢ)、米かつ男ら、恐れ惑(まど)ひて、跪(うすずま)る。

武士他(かれ)らにむかひて、「此の家何者が住みしぞ。県(あがた)の何某が女(め)のここにあるはまことか」といふに、鍛冶の翁はひ出でて、「さる人の名はかけてもうけ給はらず。此の家三とせばかり前(さき)までは、村主(すぐり)の何某といふ人の、賑(にぎ)はしくて住み侍るが、筑紫に商物積てくだりし、其の船行方なくなりて後は、家に残る人も散々(ちりぢり)になりぬるより、絶(たえ)て人の住むことなきを、此の男のきのふここに入りて、漸(やや)して帰りしを竒(あや)しとて、此の塗師(ぬし)の老(をぢ)がまうされし」といふに、「さもあれ、よく見極(みきわめ)めて殿に申さん」とて、門押ひらきて入る。家(いへ)は外(と)よりも荒(あれ)まさりけり。なほ奥の方に進(すす)みゆく。前栽(せんざい)広く造りなしたり。池は水あせて水草(みくさ)も皆枯(かれ)、野ら藪生(やぶおひ)かたふきたる中に、大きなる松の吹き倒(たふ)れたるぞ物すさまじ。客殿(きやくでん)の格子戸(かうしど)をひらけば、腥(なまぐさ)き風のさと吹きおくりきたるに恐れまどひて、人々後(あと)にしりぞく。

豊雄只声を呑(のみ)て嘆(なげ)きゐる。武士の中に巨勢(こせ)の熊檮(くまがし)なる者胆(きも)ふとき男にて、「人々我が後に従(つき)て来れ」とて、板敷(いたじき)をあららかに踏(ふみ)て進(すす)み行く。塵(ちり)は一寸ばかり積(つも)りたり。鼠の糞(くそ)ひりちらしたる中に、古き帳(とばり)を立てて、花の如くなる女ひとりぞ座(を)る。熊檮(くまがし)、女にむかひて、「国の守(かみ)の召(めし)つるぞ。急ぎまゐれ」といへど、答(こた)へもせであるを、近く進みて捕(とら)ふとせしに、忽(たちまち)地も裂(さく)るばかりの霹靂(はたたがみ)鳴響(なりひび)くに、許多(あまた)の人逃(にぐ)る間(ひま)もなくてそこに倒(たふ)る。

然(さて)見るに、女はいづち行きけん見えずなりにけり。此の床の上に輝々(きらきら)しき物あり。人々恐る恐るいきて見るに、狛錦(こまにしき)、呉(くれ)の綾(あや)、倭文(しづり)、かとり、盾(たて)、槍(ほこ)、ゆき、鍬(くは)の類(たぐひ)、此の失せつる神宝なり。武士らこれをとりもたせて、怪(あや)しかりつる事どもを詳(つぼら)に訴(うつた)ふ。助も大宮司も妖怪(もののけ)のなせる事をさとりて、豊雄を責(さいな)む事をゆるくす。

現代語訳

武士たちは慎んで命を受け、又豊雄を引っ立ててそこへ行って見ると、厳めしく造られていたはずの門は、柱も朽ち腐り、軒の瓦もおおかたは砕け落ちて、忍ぶ草が生え下がり、とても人が住んでいるようには見えない。豊雄は、これを見て、只信じられず唖然としていた。武士たちは周辺を駆け巡って、近所の住民を呼び集めた。集められ木こりの老人、米搗き男等は恐れ惑い、(その場に)蹲った。

武士は彼らに向って、「此の家には誰が住んでいるのか。県の何某の妻がここに居るというのは本当か」と言うのに、鍛冶屋の老人が這い出して、「そのような人の名は聞いたことがございません。此の家は三年ばかり前までは、村主(すぐり)の何某という人が住んでおり、家は豊かで、多くの使用人も居りましたが、九州の販路へ商品を積んで船出し、其の船が行方不明になった後は、家に残っていた人たちも散り尻になっていなくなりました。その後からは人が住んだことはございません。(そんな家に)昨日此の男の方が入り、しばらくして帰られたのを、不審なことだとこの漆塗り職人が言ったんですよ」と言うのに、「ともかく、よく見定めて殿さまに報。しよう」と言って、門を押し開いて中に入る。家は外よりもさらに荒れていた、さらに奥の方に進んで行く。前庭の植込みがかなり広く造られている。池は水枯れし、、水草も皆枯れてしまっており、荒れ野の如く生い茂った草木が傾いて高く延びている中に、大きな松の木が吹き倒されており、ものすごい物であった。表座敷の格子戸を開くと、生臭い風がさっと吹き送られてきたので、恐れ戸惑い、人々思わず後に退いた。

豊雄は、只、声をあげることもできず嘆いている。武士の中に巨勢(こせ)の熊檮(くまがし)という大胆な男がおり、「方々、我についてこられよ」と言って、板敷を荒々しく踏んでどんどん中に入って行く。塵は一寸ほど積もっていた。鼠の糞が散乱する中に、古い几帳を立てて、花のように美しい女が一人で座っている。熊檮(くまがし)は女に向い、「国司様からのお召しである、急ぎ同行せよ」と言うが答えもしない。近づいて捕えようとしたが、忽ち地も裂けんばかりの雷鳴鳴り響き、多くの人は逃げる間もなくその場に倒れてしまった。さて、見まわしてみると、女はどこに行ったのか姿が消えていた。女が座っていた床の上に、キラキラと光るものがあり、人々が恐る恐る行って見ると、狛錦(こまにしき)、呉(くれ)の綾(あや)、倭文(しづり)、かとり、盾(たて)、槍(ほこ)、ゆき、鍬(くは)の類(たぐひ)であり、それは全て、失くなった神宝であった。武士たちは、これらの物を取り上げ、人々の持たせて帰り、この怪しい事象を詳しく、国司に報告した。
(これを聞いた)次官も大宮司も(今までの事は)妖怪の仕業だったのを覚り、豊雄への責をゆるくした。

語句

■厳(いか)めしく造りなせし門の柱-「し」は過去助動詞の連体形。一昨日まで門が立派に構えられていたのが、現在と違うので過去としたのである。■草しのぶ-忍ぶ草。■あきれにあきれゐたる-信じられず唖然としている様。■跪(うすずま)る-本来は「うずすまる」で、土下座する意だが、秋成は「うずくまる」意で用いている。■木伐老(ききるをぢ)-木こりの老人。■米かつ男-米搗(つ)く男。<杵で餅を搗く男>■他(かれ)ら-彼ら。■かけても-「かけても」は下に打消しを伴って、ちっとも、いささかも、の意を示す。■村主(すぐり)-村長の意ではなく、固有名詞。古代の姓。■賑(にぎ)はしく-家豊かに人も多く使って、の意。■筑紫(つくし)-福岡県の意ではなく九州路一般であろう。■絶(たえ)て-下に打消しを伴い、全く、ちっとも、の意を示すが、ここでは人が絶える意もかける。■塗師(ぬし)-塗物師。漆職人。■さもあれ-それはそれ、ともかく。■前栽(せんざい)-前庭の植込み。■野ら藪-生え放題に生えた雑草。■吹き倒れたるぞ-荒らしなどに吹き倒されているのである。常緑樹の「松」の倒壊は廃屋の象徴なのである。■客殿(きやくでん)-正殿。表座敷。■腥(なまぐさ)き風-妖怪の出現時に吹く風。■巨勢(こせ)の熊檮(くまがし)-架空の人物。■胆(きも)ふとき-大胆な。■板敷(いたじき)-板の間。■帳(とばり)-几帳。平安時代以降公家の邸宅に使われた、二本のT字型の柱に薄絹を下げた間仕切りの一種。■花の如くなる女ひとりぞ座(を)る-荒廃した室内に「花の如」き美女を置いた凄まじい効果と美に注意。■此の床-真女児の座っていた畳。■狛錦(こまにしき)-高麗渡の錦。■呉(くれ)の綾(あや)-呉(南中国)地方産の綾織物。■倭文(しづり)-「倭文織」の略。古代布。■かとり-固い織。目のつんだ絹織物。■盾(たて)~ゆき-武器。「ゆき」は矢を入れて背に負う器。■鍬の類-大鋤(おおすき)。古代農具だが武器にもなった。■
もののけ-妖怪。後代になるほど多義化。■

備考・補足

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク