男もすなる日記といふものを

スポンサーリンク

原文+訳

原文のみ

男もすなる日記(にき)といふものを、女(をむな)もしてみむとてするなり。それの年の師走(しわす)の二十日(はつか)あまり一日(ひとひ)の日の、戌(いぬ)の時に門出(かどで)す。そのよし、いささかものに書きつく。

ある人、県(あがた)の四年五年(よとせいつとせ)果てて、例のことども皆し終(を)えて、解由(げゆ)など取りて、住む館(たち)より出(い)でて、船に乗るべきところへわたる。かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろよくくらべつる人々なむ、別れがたく思ひて、日しきりにとかくしつつ、ののしるうちに夜更(よふ)けぬ。
 
二十二日に、和泉の国までと平らかに願(ぐわん)立つ。藤原(ふじはら)のときざね、船路(ふなぢ)なれど馬(むま)のはなむけす。上(かみ)、中(なか)、下(しも)、酔(ゑ)ひ飽(あ)きて、いとあやしく、潮海(しほうみ)のほとりにてあざれあへり。

二十三日。八木のやすのりといふ人あり。この人、国にかならずしもいひ使ふ者にもあらざなり。これぞ、たたはしきやうにて、馬(むま)のはなむけしたる。守(かみ)がらにやあらむ、国人の心の常として、いまはとて見えざなるを、心ある者は、恥ぢずになむ来(き)ける。これは、物によりて褒(ほ)むるにしもあらず。

二十四日。講師(こうじ)、馬(むま)のはなむけしに出(い)でませり。ありとある上(かみ)、下(しも)、童(わらは)まで酔(ゑ)ひ痴(し)れて、一文字(いちもんじ)をだに知らぬ者、しが足は十文字(じふもんじ)に踏みてぞ遊ぶ。

現代語訳

男も書いていると聞いている日記を女の私も試みてみようと思って書くのである。某年の12月21日の午後八時ごろ、旅立つ。その旅のことを少しばかり日記に書きつける。
ある人、国司の4年、5年の任期が過ぎて、国主交代に伴う恒例の事務手続きを皆終わり解由状を受け取り、住む館より出て、船着き場へわたる。

あの人もこの人も知っている人も知らない人も見送りをする。長年親しく交際した人々であろう。別れを惜しんで繰り返しいろいろとしながら大騒ぎしているうちに夜が更けた。

二十二日に、和泉の国までの船旅が平穏無事あるようにと、神仏に祈願した。藤原のときざねが船旅なのに馬のはなむけをしてくれた。上・中・下の身分の差もなく酔っぱらった挙句、非常に不思議なことに魚が腐らない潮海のそばで、腐ったようにふざけ合っていたのだった。

二十三日。八木やすのりという人がいる。この人は国司の庁で始終用事があって出入りさせている人でもないのだ。この人が、いかめしく立派な態度で餞別をしてくれた。

国司の人柄のせいだろうか。地方の人々の心の常として国司が都に帰るときは、今はこれまでと見送りには来ないものだが、誠意のある人は周囲の人たちに気兼ねせず来てくれたのだ。これは餞別をもらったからといって褒めているわけではないのだ。

二十四日。国分寺の住職が餞別にやって来た。そこにいるすべての身分の高い人、低い人、子供まで酔っぱらって一の漢字さえ書けないものでも足を十の字を書くように踏んで遊び興じている。

語句

■「男も」のもは、「女も」と、同様の事柄を並べ挙げる助詞 ■す- (行為・動作)をする、やる。■なる- 伝聞・推定の助動詞 ■すなる- 男も書いていると聞いている日記を ■なり- (断定)・・・だ。・・である。 ■戌の時- 午後八時ごろ ■門出- 旅立ち ■よし- 事実、経過 ■いささか- 少しばかり  ■県- 国司として地方官を務めること ■例のことども-  国主交代の際に行う恒例の事務手続き ■解由 -「解由状」の略、公務引継ぎの時、前任者の職責を完全に果たしたことを証明して新任者が与えた公文書 
■かれこれ- あの人、この人 ■知る知らぬ- (主人公が)知っている人も知らない人も ■としごろ- 数年来・長年 ■くらぶ- 親密に交際する ■なむ- (確実な推量を表す)きっと・・・であろう ■しきりに- 絶えず。繰り返し。たびたび ■とかく- あれやこれやと。いろいろと ■ののしる- 大声で騒ぐ。大騒ぎする。 ■平らかに- おだやかである。平穏である。 ■願立す- 祈願する。■酔ひ飽きて- 酔っぱらった挙句 ■いと- 非常に、とても、たいそう ■あやし- 不思議、奇怪 ■あざれあう -ふざけあう ■いひつかう- 用事を「いひつけ」て「めしつかふ」の意 ■あらざなり- あらざるなり ■たたはしき- いかめしく立派だ 

 


二十五日、守(かみ)の館(たち)より、呼びに文(ふみ)持て来たなり。呼ばれて到(いた)りて、日一日(ひひとひ)、夜一夜(よひとよ)、とかく遊ぶやうにて明けにけり。

二十六日、なほ守(かみ)の館(たち)にて饗宴(あるじ)しののしりて、郎等(ろうどう)までに物かづけたり、漢詩(からうた)、声あげていひけり、和歌(やまとうた)、主(あるじ)も客人(まらうど)も、こと人もいひあへりけり、漢詩(からうた)はこれにえ書かず。和歌(やまとうた)、主(あるじ)の守のよめりける。

みやこ出でて君にあはむと来(こ)しものを来(こ)しかひもなく別れぬるかな

となむありければ、帰る前(さき)の守のよめりける、

しろたへの波路を遠く行(ゆ)き交(か)ひてわれに似べきはたれならなくに

こと人々のもありけれど、さかしきもなかるべし

 とかくいひて、前(さき)の守(かみ)、今のも、もろともに降(お)りて、今の主(あるじ)も、前(さき)のも、手取り交(かは)わして、酔(ゑ)ひ言(ごと)にこころよげなる言(こと)して、出で入りにけり。

現代語訳

二十五日。新任国司より送別会の案内があり、国司の館へ出かけて行き、一日中、一晩中いろいろと音楽のようなものを奏して明けてしまった。

二十六日。この日も新国司の館で宴があり、騒ぎ通して、従者にまで授け物があった。
漢詩を声高く朗詠した。和歌を主人も客も、そのほかの人もよみあった。漢詩はこれ(日記帳)には書かない。和歌を新国司がよんだ。

みやこ出でて…

(都を出てあなたに逢おうとはるばるやって来たのに、その甲斐もなくすぐ別れることになるのですね)

と詠んだら、都に帰ることになっている前国司が詠んだ。

しろたへの…

(白波の立つ波路を、お互いにはるばる行きあい、あなたもやがて私と同じように無事に任期を終えてお帰りになるはずです)

他の人々の和歌もあったが優れたものはなかった。
あれこれ詠み合って、前国司及び今のも共に庭に降りて、今の主も前のも手を取り交わして、酔いにまかせて調子よさそうな祝い事を言い交して、一人は出て行き、一人は中に入ったのだった。

語句

■呼びに- 新任国司からの招待 ■とかく- あれやこれやと、いろいろと ■遊ぶ- 音楽を奏すること ■郎等- 前国司の家来、従者 ■かづけ- 引き出物などを与える ■た-り 断定 ■こと- 他とは違っている様子、異なっている様子 ■え- (下に打消・反語の表現を伴って)…できない。じゅうぶんにも。…ない。
■郎等- 家臣・家来・従者 ■かずける- 引き出物を与える ■こと人- 他の人 ■しろたへの- 波の枕詞 ■たれならなくに- 誰でもありません。それはまさにあなたなのです。 ■さかし- すぐれている
  

備考・補足

心づくしの見送りの場面。在任中、よほどよい行いをして、人々に慕われていたのだなあと、しみじみ思われる。「藤原のときざね」「八木のやすのり」という人物があわわれるが、どういう人物か不明。『土佐日記』は今後も何の予告もなく多くの登場人物が名前つきであらわれる。

「国主の人柄だろうか、ふつうは前任者が去る時はもういいやとあいさつにも来ないが、心ある人は人目を気にせず見送りに来る」こういう、優しい観察眼。

二十四日に国分寺の講師(こうじ)が餞別してくれたこと。その嬉しさ。二十五日に国司の館から呼びつけられて時間を取られたこと。そのイライラした感じ。二十四日と二十五日は対になっている。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



QLOOKアクセス解析