室津(一)

スポンサーリンク

十一日。暁(あかつき)に船を出(い)だして、室津(むろつ)を追ふ。人みなまだ寝たれば、海のありやうも見えず。ただ、月を見てぞ、西東(にしひむがし)をば知りける。かかるあひだに、みな夜(よ)あけて、手洗ひ、例のことどもして、昼になりぬ。

今し、羽根といふところに来(き)ぬ。わかき童(わらは)、このところの名を聞きて、「羽根といふところは、鳥の羽のやうにやある」といふ。まだ幼き童(わらは)の言(こと)なれば、人々笑ふときに、ありける女童(をむなわらは)なむ、この歌をよめる。

まことにて名に聞くところ羽根ならば飛ぶがごとくにみやこへもがな

とぞいへる。

男も女も、いかでとく京(きゃう)へもがな、と思ふ心あれば、この歌よしとにはあらねど、げに、と思ひて、人々忘れず。

現代語訳

十一日。夜明前に船を出して、室津を目指す。

人は皆寝ているので、海の状態もわからない。ただ、月を見て西東の方向を判断したのである。こうしているうちにすっかり夜が明けて、みんなが手を洗い、いつものきまりごとどもをして、昼になってしまった。

今、羽根という所に来た。幼い子がこの地名を聞いて、「羽根という所は鳥の羽のようなところかな」と言う。まだ幼い子の言うことだからと、人々が笑っているときに、例の女の子がこんな歌を詠んだ。

まことにて…

(本当にその名の通り、この「羽根」という土地が鳥の羽根ならば、その羽根で飛ぶように都にかえりたいものだ)

と詠んだのだ。

男も女もなんとかして京へかえりたいと心に思っているものだから、この歌を上手な歌だとは思わないが、なるほどねえと思って皆が覚えている。

語句

■暁- 夜明け前のひととき。「あけぼの」以前 ■追ふ- 目指す ■室津- 高知県室戸市室津とされる。 ■例のことども- 拝礼・食事など毎日のきまりになっていることども ■羽根(はね)- 高知県室戸市羽根町 ■若き童- 幼い子(直後の女童からして男児のつもりか)■みな- (副詞)すっかり ■今し- 強調の助詞「し」が体言についた例 ■や-…だろうか(疑問) ■なむ- (係助詞)強調 ■もがな- 願望を表す助詞 ■いかでとく- 意志願望の意を表して「なんとかして」、「ぜひ」■げに- なるほど、そのとおり 


この羽根といふところ問ふ童(わらは)のついでにぞ、また、昔(むかし)へ人(びと)を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。今日(けふ)はまして、母の悲しがらるることは。下(くだ)りし時の人の数足らねば、古歌(ふるうた)に「数は足らでぞ帰るべらなる」といふことを思ひ出でて、人のよめる、

世の中に思ひやれども子を恋ふる思ひにまさる思ひなきかな

といひつつなむ。

十二日。雨降らず。

ふむとき、これもちが船の遅れたりし、奈良志津(ならしづ)より室津(むろつ)に来(き)ぬ。

十三日の暁(あかつき)に、いささかに雨降る。しばしありてやみぬ。

女これかれ、沐浴(ゆあみ)などせむとて、あたりのよろしきところに下(お)りて行(ゆ)く。海を見やれば、

雲もみな波とぞ見ゆる海女(あま)もがないづれか海と問ひて知るべく

となむ歌よめる。

現代語訳

この羽根と言う所のことを問うた子のことから、(みんな)また、亡くなった子のことを思い出し、いつになったら忘れられよう。今日はまして、その子の母の悲しがられることといったらない。

京から下った人の数が足らないので、古歌に「数は足らでぞ帰るべらなる(人数は足りなくなって帰京するようだ)」というのを思い出して、ある人が(みんなに代わって詠んだ歌は、

世の中に…

(いろいろと考えてみても、この世の中で子を恋しく思う親の思い以上に痛切な思いはないことだなあ)

と言いながら嘆くのだった。

十二日。雨は降らない。

一行の中で、ふむとき、これもちの船が遅れていたのが、ようやく奈良志津(ならしづ)から室津に来た。

十三日の夜明け前に、すこしばかり雨が降ったがしばらくして止んだ。

女たちのだれかれが、水浴びでもしようということで、そのあたりの適当な場所に下りて行く。遠く海を眺めると、

雲もみな…

(空行く雲もみな波のように見える。近くに海女でもいればなあ。どれが海なのかと、たづね知りたいので)

こんな歌を詠んだことだ。

語句

■ついでに-…の縁で、…のひっかかりで ■昔へ- この場合は単なる昔ではなく、亡き娘を指す。■今日はまして- 亡児にまつわる忌日だったかも 
■は- 感動の助動詞 ■ふむとき- 一行は長を乗せた一艘ではなかったことになる。「ふむとき」は貫之の子の名「時文」のもじりか ■よろしきところ- 真水の湧くところか ■沐浴(ゆあみ)- 水を浴びること ■見やる- 遠くを眺める

備考・補足

奈良志津~室津の船旅です。途中、「羽根」という地名にことよせて、「羽のように都に飛んで帰りたい」という歌を子供が詠みます。子供がそんなふうに歌を詠んだのを見て、主人(紀貫之)は、在任中に喪った幼子のことを、またも思い出すのでした。しみじみするくだりです。


さて、十日あまりなれば、月おもしろし。船に乗り始めし日より、船には紅濃(くれなゐこ)く、よく衣(きぬ)着ず。それは、海の神に怖(お)ぢてといひて、何(なに)の葦蔭(あしかげ)にことづけて、老海鼠(ほや)のつまの貽鮨(いずし)、鮨鮑(すしあはび)をぞ、心にもあらぬ脛(はぎ)にあげて見せける。

十四日。暁より雨降れば、同じところに泊まれり。

船君(ふなぎみ)、節忌(せちみ)す。精進物(さうじもの)なければ、牛時(むまどき)より後(のち)に、梶取(かぢとり)の昨日(きのふ)釣りたりし鯛(たひ)に、銭(ぜに)なければ、米(よね)をとりかけて、落ちられぬ。

かかること、なほありぬ。梶取(かぢとり)、また鯛持て来たり。米(よね)、酒、しばしばくる。梶取、気色悪(けしきあ)しからず。

十五日。今日(けふ)、小豆粥煮(あづきがゆに)ず。口惜(くちを)しく、なお日の悪しければ、ゐざるほどにぞ、今日(けふ)、二十日(はつか)あまり経(へ)ぬる。いたづらに日を経(ふ)れば、人々、海を眺めつつぞある。

女(め)の童(わらは)のいへる、

立てばたつゐればまたゐる吹く風と波とは思ふどちにやあるらむ

いふかひなき者のいへるには、いと似つかはし。

現代語訳

さて今夜は十日過ぎのことですから月が美しい。

船に乗り始めた日から、船中では、女たちは紅の濃い、いい着物を着ていない。

それは、海の神に魅入られるのを恐れてというわけだが、今はなに、かまうものかと頼りない葦の陰にかこつけて、ほやに取り合わせる貽貝(いがい)の鮨(すし)(男性器の象徴)や、鮨鮑(女性器の象徴)を、思いもかけぬ脛まで高々とまくりあげて海神に見せつけたのであった。

十四日。明け方から雨が降ったので同じところに停泊している。

船主が節忌(精進潔斎)をする。(とはいえ船の中なので)精進物が無いので午前中で取りやめにし、十二時より後に船頭が昨日釣った鯛を、お金が無いので、手持ちの米を代金の代わりに船頭に与えて、精進落ちをなさった。
このようなことが、何度かあった。船頭がまた鯛を持ってきた。その都度米や酒を与えた。それで船頭は機嫌がいいのだ。

十五日。今日は小豆粥を煮る日だったが小豆がないので取りやめにした。口惜しいうえに、天気が悪く、船が進まないでいるうちに、今日で、二十日ほど経過してしまった。

無為に日を過ごしているので、人々は、ただ、海を眺めて、思いに耽るばかりであった。
幼い女の子が次のように歌を詠った。

立てばたつ…

(風が立てば波も立ち、風がおさまれば波もおさまる風と波とは仲良し友達なのかしら)

言うに足りない幼い者の言った歌としては、とても似つかわしい。

語句

■おもしろし- 美しい ■船には- 船中では ■紅濃く…「紅濃く、よき衣着」れば、海神を刺激して、魅入られてしまうという俗信に基づくか ■なにのあしかげ- 去年の枯葦のむら立ちは、何ほどの身の遮蔽物になるわけでもない。そこで、なにほどでもない葦陰という意味と、何の悪しいことがあるものかと、そんな頼りない物陰に気を許した無神経な態度とを兼ねて表現している。 ■老海鼠(ほや)の- 海産物ほやは古来から食用に供された。その形状から男性の象徴の喩(たとえ)。貽貝(いがい)はほやと取り合わせて鮨にすることから「老海鼠の妻」といったか。女性の象徴の喩。鮑も女性の象徴の喩。「鮨」には特に意味はない。

■ことづけて- かこつけて。口実にして ■心にもあらぬ - うっかり ■船君- 船中の主君。貫之 ■節忌- 斎日(神道で霊祭を行う日)の精進(一定の期間行いを慎み身を清めること。八・十四・十五・二十三・二十九・三十の六日。■精進物- 精進の日に出す特別な食べ物。 野菜や穀物などを主とする、肉類を使わない食べ物。■午時- 今の昼の十二時ごろ ■とりかけて- 代物として与えて ■おちられぬ- 精進落ち(精進との切目をつけること)をする。「られ」は尊敬 ■気色- 機嫌 ■小豆粥- 中国伝来の風習で正月十五日に食べる。一年中の邪気が除かれる。■日の- 天候 ■ゐざるほどにぞ - 膝を摺って進むこと。船が動かないこととは別に旅程のはかどらない悔しさを重ねて述べている ■居(ゐ)る-  じっと動かないでいる、低い姿勢で静かにしているのをいうのが原義で、「立つ」に対する語 ■思ふどち- 互いに思い合う仲 ■どち- 友達。仲間 ■にやあるらむ- :にや(疑問)であろうか :らむ(推量)現在の事柄についての推量を表す ■いふ- 歌は「よむ」のが普通だがここのように「いふ」とされる場合もある。

備考・補足

船主が物忌をします。物忌は肉や魚を食べることを避けて身を清めることです。しかし船の上で米も野菜も無いですから、午前中だけで物忌はやめてしまい、午後にはもう鯛を食べているといういい加減さが笑いを誘います。

十五日は小正月なのに恒例の小豆粥(あずきがゆ)を煮ないでいるのが「口惜しい」と言っています。本当ならもう都について、ゆっくり落ち着いて小正月を迎えているはずなのです。しかし現実にはまだ海の上で小正月を迎えた。それが、いっそう「口惜しい」と感じるのです。


十六日。風波(かぜなみ)やまねば、なほ同じところに泊まれり。

ただ、海に波なくして、いつしか御崎(みさき)といふところわたらむ、とのみなむ思ふ。風波、とににやむべくもあらず。ある人の、この波立つを見てよめる歌、

霜だにも置かぬかたぞといふなれど波の中には雪ぞ降りける

さて、船に乗りし日より今日(けふ)までに、二十日あまり五日になりにけり。

現代語訳

十六日。風も波も止まないので、やはり、同じところに停泊している。

ただ、海に波がなくなって、いつになったら御崎という所を通り過ぎるのだろうかとばかり思う。だが風も波も急に止む気配が無い。ある人が、この波立つのを見て、歌を詠んだ。

霜だにも…

(霜さえ降りない暖かい地方だというけれど、なんと波の中には雪が降っていることよ)

さて、船に乗り込んだ日から今日まで二十五日が過ぎてしまった。 

語句

■いつしか- 副詞①いつになったら…か。 ■御崎- 室戸岬 ■とにに- 「とみに」の古形で急に。すぐに。にわかに。 ■だに- (類推)さえ 多く、下に打消しを伴う ■かた- 場所 ■ぞ- (強い断定)…だ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



QLOOKアクセス解析