第三段 色好まざらん男は、いとさうざうし

よろづにいみじくとも、色好まざらん男(おのこ)は、いとさうざうしく、玉の巵(さかづき)の当(そこ)なき心地ぞすべき。

露霜にしほたれて、所定めずまどひ歩き、親のいさめ、世のそしりをつつむに心の暇なく、あふさきるさに思ひ乱れ、さるは独り寝がちに、まどろむ夜なきこそをかしけれ。

さりとて、ひたすらたはれたる方にはあらで、女にたやすからず思はれんこそ、あらまほしかるべきわざなれ。

口語訳

万事に優れていても、色恋の情緒を理解しない男は、たいそう物足りなく、玉の盃の底が抜けているような感じがする。

露や霜に濡れそぼって、所も定まらず迷い歩き、親のいさめ、世間のそしりをはばかって心の暇もなく、ああでもない、こうでもないと思い乱れて、だからといってモテモテかというとそうではなく独り寝の夜が多く、短い眠りも得られない夜が多い。そんな男こそ情緒がある。

そうはいっても、ひたすら色恋に没頭するふうではなくて、女から見れば簡単には落とせないように思われるのこそ、理想的な身のあり方である。

語句

■いみじ すぐれている。 ■色好み 色恋の情緒をわきまえていること。在原業平や光源氏を念頭に置いている。 ■さうざうし 「さくさくし」の音便。あるべきものが無くて物足りない。心さびしい。 ■玉の巵の当なき 「且つ夫れ玉の巵の当なきは、宝といへども用にあらず」(文選)による。 ■しほたれて ぐっしょり濡れて。 ■つつむ 「慎む」。遠慮する。はばかる。さしひかえる。 ■あふさきるさ ああでもない、こうでもないと。 ■さるは 「然あるは」の略。そのではあるが。実は。と言っても。 ■たはれる 恋に没頭する。

メモ

■酒嫌いを公言するわりには酒のたとえが多い。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク