第十一段 来栖野といふ所を過ぎて

神無月の比(ころ)、来栖野(くるすの)といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入る事侍りしに、遥かなる苔の細道をふみわけて、心ぼそく住みなしたる庵あり。木の葉に埋もるる懸樋(かけい)のしづくならでは、つゆおとなふものなし。

閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあはれなるべし。かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子(こうじ)の木の、枝もたわわになりたるがまはりをきびしく囲ひたりしこそ、少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。

▼音声が再生されます▼

口語訳

陰暦十月神無月の頃、来栖野という所を過ぎてある山里に訪ねる人があったので、はるかに続く苔の細道を踏み分けていくと、心細い感じで住みなしている庵があった。木の葉に埋もれた懸樋のしずくのほかには、少しも音を立てるものは無い。

閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしているのは、こんなに閑散としているといってもやはりそれでも、住む人がいるからだろう。

こんなふうに静かによく暮らしているなあと感心して見ているうちに、向こうの庭に、大きな蜜柑の木で、枝もしなるほど実がなっている木が、木のまわりを厳しく囲いをしているのが、少し興ざめして、この木さえなかったらと思ったものだ。

語句

■神無月 陰暦十月。「かんなづき」「かみなづき」「かみなしづき」とも。 ■来栖野 山城国宇治郡。現京都市東山区山科と同北区西賀茂にこの地名があり、どちらを指すか説が分かれる。兼好は山科の小野に田地を持っていたので前者とするのが有力。 ■懸樋 泉から水を引くために渡した樋(とい)。 ■ならでは それよりほかには。 ■つゆ 打消強調だが、ここでは「しづく」の縁語ともなっている。 ■おとなふ 音を立てる。 ■閼伽棚 「閼伽」は梵語で水。仏さまにささげる水や花や仏具を置く棚。 ■さすがに そうはいってもやはり。こんなに閑散としているとはいってもやはり。 

メモ

■出家前後の心情が重なっている。
■期待から失望への心の動き。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク