第十二段 おなじ心ならん人としめやかに物語して

おなじ心ならん人としめやかに物語して、をかしき事も、世のはかなき事も、うらなく言ひ慰まんこそうれしかるべきに、さる人あるまじければ、つゆ違(たが)はざらんと向ひゐたらんは、ひとりある心地やせん。

たがひに言はんほどの事をば、「げに」と聞くかひあるものから、いささか違う所もあらん人こそ、「我はさやは思ふ」など争ひ憎み、「さるから、さぞ」ともうち語らはば、つれづれ慰まめと思へど、げには、少しかこつかたも、我と等しからざらん人は、大方(おおかた)のよしなしごと言はんほどこそあらめ、まめやかの心の友には、はるかに隔たる所のありぬべきぞ、わびしきや。

▼音声が再生されます▼

口語訳

同じ心の人としんみりと物語して、趣味のことも、世の無常についても、率直に話して心を慰めることこそ嬉しいことだろうが、そのような相手は現実にはあるまいから、現実に人と向かい合う時は、少しでも相手の心持にたがわぬようにと気を遣って向かい合うのは、独りでいるのと同じ心地だろう。

互いにじっくり話し合いたいような内容について話して「なるほど」と聞くのは有意義であるものの、少し自分と意見の違う人こそ「私はそうは思わない」など言い合い、「それだから、そうなのだ」と語り合うのは、退屈もまぎれると思うが、実際には、少し心の不満を漏らす、その言い方においても、自分と同じでない人は、大方のどうでもいい事を話すにはいいのだが、真実の心の友には、はるかに隔たっている所があるに違いない。それが、つらいなあ。

語句

■しめやかに しんみりと。 ■をかしき事 心惹かれること。趣味などの話題。 ■うらなく 素直に。率直に。 ■あるものから あるものの。 ■たがひに言はんほどの事 お互いに社交辞令的な挨拶などではなく、とことん話したいと思うほどのこと。 ■我はさやは思ふ 私はそうは思うだろうか。思わない。「やは」は反語。 ■さるから、さぞ それだから、そうだ。 ■争ひにくみ 言い争うこと。相手に対する信頼をもった上で、抵抗・反発を言葉で表明すること。 ■げには 実際のところは。 ■少しかこつかた 心の不満をもらすその言い方。「かた」は方法・手だて。 ■我と等しからざらん人 『伊勢物語』第124段「思ふこといはでぞただにやみぬべき我とひとしき人しなければ」に通じるものが感じられる。■かこつ 不満を嘆く。 ■まめやかな 真実の。 

メモ

■『伊勢物語』第124段

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク