第十四段 和歌こそ、なほをかしきものなれ

和歌こそ、なほをかしきものなれ。あやしのしづ・山がつのしわざも、言ひ出でつればおもしろく、おそろしき猪(い)のししも、「ふす猪の床(とこ)」と言へば、やさしくなりぬ。

この比(ごろ)の歌は、一ふしをかしく言ひかなへたりと見ゆるはあれど、古き歌どものやうに、いかにぞや、ことばの外に、あはれに、けしきおぼゆるはなし。貫之が「糸による物ならなくに」と言へるは、古今集の中の歌くずとかや言ひ伝へたれど、今の世の人の詠みぬべきことがらとはみえず。その世の歌には、姿・言葉、このたぐひのみ多し。

この歌に限りてかく言ひたてられたるも、知りがたし。源氏物語には、「物とはなしに」とぞ書ける。新古今には、「残る松さへ峰にさびしき」といへる歌をぞ言ふなるは、まことに、少しくだけたる姿にもや見ゆらん。

されどこの歌も、衆議判(しゅぎはん)の時、よろしきよし沙汰ありて、後にも、ことさらに感じ仰せ下されけるよし、家長が日記(にき)には書けり。

歌の道のみ、いにしへに変らぬなどいふ事もあれど、いさや、今も詠みあへる同じ詞(ことば)・歌枕も、昔の人の詠めるは、さらに同じものにあらず、やすくすなほにして、姿もきよげに、あはれも深く見ゆ。

梁塵秘抄の郢曲(えいきょく)の言葉こそ、又あはれなる事は多かめれ。昔の人は、ただ、いかに言ひ捨てたることぐさも、皆いみじく聞ゆるにや。

口語訳

■あやし 身分が低い。 ■しづ 下賤な者。 ■山がつ 木こりなど下賤な者。 ■ふす猪の床 猪が寝床にするために枯草を集めて敷いたもの。この文章は寂蓮法師「歌のやうにいみじきものなし。ゐのししなどいふおそろしき物も、ふすゐの床などいひつれば、やさしきなり」(八雲御抄六)をふまえる。参考「かるもかき 臥猪の床の寝(い)を安み さこそ寝ざらめ かからずもがな」(『御拾遺集』恋4・和泉式部)。 ■糸による物ならなくに 「東にまかりける時、道にてよめる/糸による物ならなくに別れ路の心ぼそくもおもほゆるかな」(古今・羇旅)(糸をよるのであれば段々太くなっていくであろうが、別れ路は逆にだんだん細くなっていき、そんなふうに心細くなっていくのだ) ■歌くず できそこないの歌。『古今集』の「糸による」の歌を「歌くず」とする出典は不明。 ■のみ 強調。 ■源氏物語には… 『源氏物語』総角(あげまき)に、前述の紀貫之の歌が一部言葉を変えて引用されている。「『ものとはなしに』とか、貫之がこの世ながらの別れをだに、心細き筋にひきかけけむをなど、げに古言(ふること)ぞ人の心をのぶるたよりなりけるを思ひ出でたまふ」。 ■「残る松さえ峰にさびしき」 「冬の来て 山もあらはに木の葉ふり 残る松さへ 峰にさびしき」(新古今・冬 祝部成茂(ほふりべのなりしげ))これを歌くずとする典拠も不明。 ■衆議判 歌合の判定を、特定の判者によらず左右の合議によって下すこと。この歌合は元久元年(1204年)11月10日の春日社歌合。和歌所で行われ春日大社に奉納された。 ■家長が日記 源家長の『源家長日記』。源家長は後鳥羽院の蔵人(くろうど)として和歌所の書記をつとめた。 ■いさや さあどうであろうか。否定的な気持ちをこめている。■さらに 下に否定語を伴ってまったく~無い。 ■梁塵秘抄 後白河院の選による歌謡集。治承三年(1179年)成立。 ■郢曲 当時の謡い物の総称。風俗歌・朗詠・今様など。

語句

和歌は、やはり趣深いものだ。身分の低い下民・木こりのような賤しい者のやる事も、和歌に詠めば情緒があり、おそろしい猪も「ふす猪の床」と言えば、優雅になる。

最近の歌は、一節趣深くうまく詠んでいると見えるものはあるが、古い歌のように、どういうものか、言外に余韻を漂わせている感じがするものは無い。

紀貫之が「糸による物ならなくに」と言ったのは、古今集の中の歌屑…最低の歌だとか言い伝えているが、今の世の人が詠めるような歌とは見えない。

その世の歌には、見てくれも、言葉も、この類の歌がとても多い。この歌に限ってこんなふうに歌屑と言いたてられているのも、意味がわからない。

源氏物語には、「物とはなしに」と、先ほどの紀貫之の歌の言葉を一部変えて引用している。新古今には「残る松さへ峰にさびしき」といった歌を歌屑というというのは、本当に、少し調子が崩れている姿にも見えるだろうか。

しかしこの歌も、衆議判(しゅぎはん)…歌合せの時、左右の合議で歌の判定をした際に、後鳥羽院から良い歌とのご沙汰があって、後にも、院が格別に感心なさったと仰せ下されたことが、源家長の日記に書いてある。

歌の道だけは今も昔も変わらないという事もあるが、さあどうだろうか。今も詠み合っている昔の同じ歌詞・歌枕も、昔の人の詠んだのは、まったく違うものだ。

安らかで素直で姿も清らかで、情緒も深く見える。梁塵秘抄の謡い物の言葉こそ、また情緒あるものは多い。昔の人は、ただどんなに言い捨てたちょっとした言葉でも、皆いいものに思えるのだろうか。

メモ

■生存中の兼好は歌人として有名だった。和歌四天王。二条為世門下。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク