第十五段 しばし旅だちたるこそ、目さむる心地すれ

いづくにもあれ、しばし旅だちたるこそ、目さむる心地すれ。そのわたり、ここかしこ見ありき、ゐなかびたる所、山里などは、いと目慣(めな)れぬ事のみぞ多かる。都へたよりもとめて文やる、「その事かの事、便宜(びんぎ)に、忘るな」など言ひやるこそをかしけれ。さやうの所にてこそ、万(よろづ)に心づかひせらるれ。持てる調度まで、よきはよく、能ある人、かたちよき人も、常よりはをかしとこそ見ゆれ。

寺・社などに忍びてこもりたるもをかし。

口語訳

どこに行くのであれ、しばらく旅に出るのは、目が覚める心地がすることだ。旅先で滞在している場所の近くを、あそこここに見てまわり、田舎めいた所、山里などは、たいそう見慣れないことがとても多いものだ。都へ便りを求めて手紙を送る時、「あの事この事、便宜に執り行え。忘れるな」など書き送るのはとても楽しい。旅先では、あらゆることに感覚が豊かになる。携帯している道具類まで、よいものはよりよいものに思え、能ある人、容貌の美しい人は。いつもよりさらにその良さが増して思えるものだ。

寺や神社にお忍びで籠るのも、面白い。

語句

■持てる調度 携帯している道具類。

メモ

■旅の高揚感。孤独を実感すること。
■旅をするとアイデアがかき回される。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク