第十八段 人はおのれをつづまやかにし

人はおのれをつづまやかにし、奢りを退けて財(たから)を持たず、世をむさぼらざらんぞ、いみじかるべき。昔より、賢き人の富めるは稀なり。

唐土(もろこし)に許由(きょゆう)と言ひつる人は、さらに身にしたがへる貯へもなくて、水をも手にして捧げて飲みけるを見て、なりびさこといふ物を人の得させたりければ、ある時、木の枝にかけたりけるが、風に吹かれて鳴りけるを、かしかましとて捨てつ。

また手にむすびてぞ水も飲みける。いかばかり心のうち涼しかりけん。孫晨(そんしん)は冬月(ふゆのつき)に衾(ふすま)なくて、藁一束(ひとつか)ありけるを、夕(ゆうべ)には是に臥し、朝(あした)には収めけり。

もろこしの人は、これをいみじと思へばこそ、記しとどめて世にも伝へけめ、これらの人は、語りも伝ふべからず。

口語訳

人はわが身をつつましく質素にして、奢りを退け財産を持たず、利益をむさぼらないのが、立派である。古来、賢い人が裕福であることは希である。

中国に許由といった人は、少しも身についた貯えもなく、水をも手ですくって飲んでいるのを見て、瓢箪というものを人が与えたところ、ある時、木の枝にかけていたが、風に吹かれて音がするのを、うるさいと言って捨てた。

その後は、また以前のように手に水をすくって飲むのだった。どれほどか心のうちが清々しかったろう。

孫晨(そんしん)は冬の間夜具がなくて、藁が一束だけあったのを、日暮れになるとこれに寝て、朝になると片づけた。

中国の人は、これを立派と思えばこそ、書きとどめて世に伝えたのだろう。日本では、語り伝えられもしないだろう。

語句

■つづまやか つつましく質素に。 ■世 世俗的な利益。 ■許由 古代中国の伝説的賢者。尭帝がその噂を聴き訪ねてきて、帝位を譲ると言うと耳がけがれたと言って潁川で耳を洗い箕山(きざん)に隠棲した。本段の出典は「許由一瓢」として『蒙求』にある。
■さらに 少しも。 ■なりびさこ 生り瓢。ひょうたん。 ■かしかまし やかましい。 ■孫晨 許由同様、古代中国の賢者だが詳細不明。本段の出典は「孫晨藁席」として『蒙求』。 ■冬月 冬の月の間。冬の季節。 ■衾 夜具。 ■一束 ひとたば。 ■これらの人 中国に対し、日本の人。

メモ

■実際には富める賢者もいる。というかほとんどの金持ちはバカではない。金持ちは悪いことしてるという価値観は、ゆがんでいる。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク