第二十三段 おとろへたる末の世とはいへど

おとろへたる末の世とはいへど、なほ九重の神さびたる有様こそ、世づかずめでたきものなれ。

露台・朝餉(あさがれい)・何殿(なにでん)・何門(なにもん)などは、いみじとも聞ゆべし、あやしの所にもありぬべき小蔀(こじとみ)・小板敷(こいたじき)・高遣戸(たかやりど)なども、めでたくこそ聞ゆれ。「陳(ぢん)に夜の設(もうけ)せよ」といふこそいみじけれ。夜御殿(よるのおとど)をば、「かいともしとうよ」などいふ、又めでたし。上卿(しょうけい)の、陳にて事おこなへるさまは更なり、諸司(しょし)の下人(しもうど)どもの、したり顔に馴れたるもをかし。さばかり寒き夜もすがら、ここかしこに眠り居たるこそをかしけれ。「内侍所の御鈴の音は、めでたく優なるものなり」とぞ、徳大寺太政大臣(とくだいじの・おおきおとど)は仰せられける。

口語訳

衰退した末法の世とはいっても、やはり皇居の神さびた有様は、世俗に染まらず、すばらしいものだ。

露台・朝餉(あさがれい)・何々殿、何々門などは、その響きだけで感動する。身分の低い者の家にもあるに違いない小蔀(こじとみ)・小板敷(こいたじき)・高遣戸(たかやりど)なども、宮中だと立派に聞こえる。

諸卿の座る場所に灯をつけよというのに、「陳(ぢん)に夜の設(もうけ)せよ」というのが実に素晴らしい。

天皇の御寝所である夜の御殿に灯の準備をさせる時は「急いで灯をつけよ」という意味で「かいともし・とうよ」など言う、又すばらしい。

公事の運営・執行を任された公卿が、その座所でてきぱきと事を行っているさまは、言うまでもなく、いい。もろもろの役所の下級役人たちが、したり顔で馴れた様子なのも趣深い。彼らがこんなにも寒い夜の間ずっと、あちこちに居眠りしているのも趣深い。

「内侍所の御鈴の音は、結構に優雅なものである」と、徳大寺太政大臣藤原公孝が仰せられたということだ。

語句

■末の世 末法の世。仏教の末法思想に基づき、終末の、荒れ果てた世の中という意。 ■九重 禁中。宮中。皇居。漢語の「九重(きゅうちょう)」から来る。中国の王城は九重の門を作ったため。 ■世づかず 世俗に染まらず。 ■露台 紫宸殿と仁寿殿の間にある大台。屋根がないのでこう言う。五節豊明の節会の際、ここで五節の舞姫が舞う。和歌では「露の台(うてな)」と詠まれる。「たましきの露のうてなも時にあひて千代のはじめの秋ぞ来にける」(藤原為家・建長三年九月十三夜影供歌合 ■朝餉 朝餉の間。清涼殿の西庇にある部屋。天皇が略式の食事をとられる場所。 ■小蔀 蔀をつけた小型の窓。蔀は格子状の木組みの裏に板を張ったもので上下二枚からなる。上部を吊り上げて固定し、光を採り入れる。 ■小板敷 清涼殿の殿上の間の南側の板敷。0 ■高遣戸 「遣戸」は左右に開く扉。「高」は背が高いことを示すか位置が高いことを示すか不明。清涼殿西南の渡殿の南側にあった扉で、ここから殿上人が参上・退出した。 ■陳 陣。陣の座。儀式や公務の時に諸卿が座る場所。 ■夜の設せよ 夜の準備をせよ→照明の用意をせよ。 ■夜御殿(よるのおとど) 天皇の御寝所。清涼殿の昼御座(ひのおまし)の北に位置する。「夜」は「よん」とも読む。 ■かいともしとうよ 急いで夜の御殿に灯をつけよ、の意。「かいともし」は「かきともし」の音便。油火の灯籠のこと。「とうよ」は「疾うよ」で、急いでせよの意。 ■上卿 公事において、その運営・執行を任された公卿。 ■事おこなへるさま てきぱきと事を行っているさま。 ■諸司の下人 もろもろの役所の下級役人。「下人」の読みは「しもうど」「したびと」どちらか確定しがたい。 ■内侍所 宮中の温明殿(うんめいでん)の中にある八咫鏡を安置する場所。賢所とも称す。または八咫鏡を収める箱、または八咫鏡そのものを指すこともある。 ■御鈴 内侍司の女官が降る鈴。天皇が神鏡を参拝される時、三度御鈴を鳴らしたという。 ■めでたし 結構なものだ。 ■徳大寺太政大臣(とくだいじの・おおきおとど) 太政大臣藤原公孝(1253-1305)。乾元元年(1302年)太政大臣。この頃兼好は蔵人であったので公孝と関係があったかもしれない。ただしこの一文は「仰せられける」と伝聞で語られているので、ただのまた聞きかもしれない。

メモ

■皇居・皇族を敬愛することやまない。現代人にはわからない言葉が多いが、なつかしさを醸し出すものだったのだろう。
■ももしきや…

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク