第二十四段 斎王の野宮におはしますありさまこそ

斎王の野宮におはしますありさまこそ、やさしく面白き事のかぎりとは覚えしか。「経」「仏」など忌みて、「なかご」「染紙(そめがみ)」など言ふなるもをかし。

すべて神の社こそ、捨てがたく、なまめかしきものなれや。ものふりたる森の気色(けしき)もただならぬに、玉垣しわたして、榊にゆふかけたるなど、いみじからぬかは。ことにをかしきは、伊勢・賀茂・春日・平野・住吉・三輪・貴布祢・吉田・大原野・松尾(まつのお)・梅宮(うめのみや)

口語訳

斎王が野宮にいらっしゃるありさまこそ、優雅で趣深い限りと思われる。「経」「仏」など仏教に関係した言葉を避けて「なかご」「染紙」など言うというのも趣深い。

すべて神の社こそ、捨てがたく、優雅なものであるなあ。何となく古めかしい森の雰囲気もただならぬことである中に、玉垣をしわたして、榊に木綿(ゆう)かけて幣帛にしているのなど、すばらしく無いことがあろうか。

ことに趣深いのは、伊勢神宮・賀茂神社・春日大社・平野神社・住吉神宮・三輪大社・貴船神社・吉田神社・大原野神社・松尾神社・梅宮神社。

語句

■斎王 天皇即位の際、伊勢神宮につかわす未婚の内親王・女王。斎王。一方、賀茂神社につかわす斎院は後鳥羽院の時代に断絶した。 ■野宮 京の嵯峨野にある。斎王に選ばれた内親王・女王が伊勢へ向かう前に野宮に一定期間こもり、精進潔斎した。 ■忌みて 神に仕えるので、仏に関係する言葉を避けた。 ■なかご 仏像の忌詞(いみことば)。厨子の中に安置するから。もしくは堂の中心に置くから。 ■染紙 経文を書く用紙は黄や紺に染めたため。 ■なまめかし 優雅である。 ■ものふりたる 何となく古めかしい。 ■玉垣 神殿の周囲の垣。「玉」は美称。 ■ゆふ 木綿。楮(こうぞ)の繊維で作った布。裂いて榊にかけて、神にささげる幣帛とした。後に紙などで代用されるようになる。

メモ

■斎王
■嵯峨野の野々宮神社

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク