第二十六段 風も吹きあへずうつろふ人の心の花に

風も吹きあへずうつろふ人の心の花に、なれにし年月を思へば、あはれと聞きし言の葉ごとに忘れぬものから、我が世の外(ほか)になりゆくならひこそ、なき人の別れよりもまさりて悲しきものなれ。されば白き糸の染まん事を悲しび、路のちまたの分かん事をなげく人もありけんかし。堀川院(ほりかわのいん)の百首の歌の中に、

むかし見し妹(いも)が墻根(かきね)は荒れにけりつばなまじりの菫(すみれ)のみして

さびしき景色、さる事侍りけん。

口語訳

風も吹き過ぎないのに花のように変わってしまう人の心。そんな人の心にも慣れきっていた年月を思えば、しみじみと聞いた言葉の一語一語は忘れないが、その人が自分の生活圏の外に離れていくのが世の習わしである。これは、死に別れることよりもずっと悲しいものであることよ。だから白い糸が色に染まることを悲しみ、路が分岐点で分かれることを悲しむ人もあったということである。

堀川院の百首の歌の中に、

むかし見し妹(いも)が墻根(かきね)は荒れにけりつばなまじりの菫(すみれ)のみして

昔通じ合った女の家の垣根は荒れ果てているなあ。つばなまじりの菫のみが咲いている。

この歌を詠んだ時、作者はさびしげな様子であったそうだが、題詠の歌ではあるが、おそらく実体験もふまえているのだろう。

語句

■吹きあふ 吹き過ぎる。「桜花とく散りぬともおもほえず人の心ぞ風も吹きあへぬ」(古今・春下・紀貫之)、「色見えでうつろふものは世の中の人の心の花にぞありける」(古今・恋五・小野小町)をふまえる。 ■我が世の外 自分の生活圏の圏外。 ■白き糸の染まん事を悲しび 「楊子、ワカレ路を見て哭く。その以て南すべく、以て北すべきがためなり。墨子、練糸を見て泣く。以て黄にすべく、以て黒くすべきがためなり」(淮南子・説林訓)をふまえる。 ■堀川院の百首の歌 「堀川院御時百首和歌」康和年間(1099-1203)成立。題を決めて十六人が一人百首、計千六百首を詠んだ。藤原公実、源俊頼、大江匡房などが参加した。 ■むかし見し… 藤原公実の歌。『家持集』の「つばなぬく浅茅が原のつぼすみれいまはさかりにしげるわが恋」を本歌とする。 ■さる事侍りけん 題詠として詠んだ創作の歌ではあるが、きっと作者はそんなふうな実体験があるのだろうの意。

メモ

■無常。
■その人の言葉だけ思い出される。恩師・友人…

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク