第三十二段 九月廿日の比

九月(ながつき)廿日(はつか)の比(ころ)、ある人に誘はれ奉りて、明くるまで月見歩(あり)く事侍りしに、思(おぼ)し出づる所ありて、案内(あない)せさせて入り給ひぬ。荒れたる庭の露しげきに、わざとならぬ匂ひ、しめやかにうちかをりて、忍びたるけはひ、いとものあはれなり。

よきほどにて出で給ひぬれど、なほ事ざまの優におぼえて、物のかくれよりしばし見ゐたるに、妻戸をいま少しおしあけて、月見る気色(けしき)なり。やがてかけこもらましかば、口惜しからまし。あとまで見る人ありとは、いかでか知らん。かやうの事は、ただ朝夕の心づかひによるべし。その人、ほどなくうせにけりと聞き侍りし。

口語訳

九月二十日の頃、私はある人に誘われて夜明けまで月を見てほうぼうを歩いていた。その時、その人が用事を思い出した所があって、その家に行って取次をさせて、その家にお入りなった。(私はその間、外で待っていたが)その家の様子は、荒れさびれた庭に露が多く、人工的に香をたいたのではない自然の香りが、しめやかに香って、忍びやかな気配、たいそう趣深いものだった。

よい頃合いにその人は出ていらしたが、(私は)なお、この屋敷に住む女のありようが優雅に思われて、物陰からしばらくうかがっていると、妻戸(入口の扉)をもうちょっと押し開けて、月を見ている様子であった。

客人を送り出してからすぐに家の中に駆けこんだとしたら、さぞかしつまらなかったであろう。しかし女は、客人を送り出した後も、見ている人があったとは(この私が見ているとは)知らなかっただろう。このようなことは、ただ朝夕の心がけによるのでしょう。

その女は、ほどなく亡くなってまったと聞いた。

語句

■九月廿日の比 今の十月中・下旬。有明月の出る時期。 ■よきほど よい頃合い。 ■事ざま 女の様子。雰囲気や立ち居振る舞い。 ■妻戸 出入り口の扉。左右外側に開く。■朝夕の心がけ 女の動作をほめている。このようなことは、人目を意識してわざとやっていることではなく、朝夕の心がけから出る、自然な所作なのだろう。

メモ

■何気ない場面だが、印象に残っている場面。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク