第三十四段 甲香は

甲香(かいこう)は、ほら貝のやうなるが、ちひさくて、口のほどの細長にして出でたる貝のふたなり。武蔵国金沢といふ浦に有りしを、所の者は、「へなだりと申し侍る」とぞ言ひし。

口語訳

甲香は、ほら貝のようであるが、小さくて口のあたりが細長く突き出している貝のふただ。武蔵国金沢という浦にあったのを、土地の者は「へなだりと申します」と言っていた。

語句

■甲香 かいこう。麝香などと混ぜて調合し練り香の原料とする。長螺(ながにし)・赤螺(あかにし)などの巻貝の蓋を用いる。 ■武蔵国金沢 神奈川県横浜市金沢区金沢。兼好は金沢に住んでいたらしいことが『兼好法師家集』などに見える。 ■へなだり 長螺。細長い巻貝。

メモ

■考証的章段。メモのようなものと考えてスルーしてもいいと思う。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク