第三十七段 朝夕隔てなく馴れたる人の

朝夕隔てなく馴れたる人の、ともある時、我に心おき、ひきつくろへるさまに見ゆるこそ、「今更かくやは」など言ふ人もありぬべけれど、なほげにげにしく、よき人かなとぞおぼゆる。

うとき人の、うちとけたる事など言ひたる、又よしと思ひつきぬべし。

口語訳

朝夕隔てなく馴れ親しんだ人が、何かの時に、自分に遠慮して、改まった様子に見えるのは、「今更そんなことする仲でもないのに」など言う人もあるだろうが、やはり誠実な感じで、いい人だなあと思われる。

(一方、)疎遠になっていた人が、うちとけた事など言ってくるのも、またいいものだと思うに違いない。

語句

■ともある時 「とある時」に強意の助詞「も」を加えたもの。何かの時。 ■心おく 遠慮する。 ■つくろふ 改まる。 ■げにげにし 「実に実にし」。誠実だ。

メモ

■ギャップ。
■正月の挨拶。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク