第三十八段 名利に使はれて、しづかなるいとまなく、

名利に使はれて、しづかなるいとまなく、一生を苦しむるこそ愚かなれ。財(たから)多ければ身を守るに貧(まど)し。害を買い、累(わずらい)を招くなかだちなり。身の後には金(こがね)をして北斗をささふとも、人のためにぞわづらるべき。愚かなる人の目をよろこばしむる楽しみ、またあぢきなし。大きなる車、肥えたる馬、金玉(きんぎょく)のかざりも、心あらん人はうたて愚かなりとぞ見るべき。金(こがね)は山に捨て、玉は淵に投ぐべし。利に惑ふは、すぐれて愚かなる人なり。

埋もれぬ名を長き世に残さんこそ、あらはほしかるべけれ、位高く、やんごとなきをしも、すぐれたる人とやはいふべき。愚かにつたなき人も、家に生れ、時にあへば高き位にのぼり、おごりを極むるもあり。いみじかりし賢人・聖人、自ら賤しき位にをり、時にあはずしてやみぬる、又多し。ひとへに高き官(つかさ)・位をのぞむも、次に愚かなり。

口語訳

名声や利益に使われて、心休まる暇もなく、一生を苦しめることこそ愚かである。財産が多ければ身を守ることが疎かになり難しくなる。害を受け、わずらいを招く中立となるものだ。自分が死んだ後は、財宝を積み上げて北斗七星まで届くほどあったとしても、遺された人にとっては、わずらいとなるに違いない。愚かな人の目を喜ばせる楽しみもまた、つまらないものだ。大きな車、肥えた馬、金の玉飾りも、心ある人はまったく愚かであると見るに違いない。金は山に捨て、玉は淵に投げるべきだ。利益に惑うのは、大変愚かな人である。

いつまでも埋もれない名声を後世に残すことこそ、あるべき理想ではあろうが、位が高く、身分が高い人を必ずしもすぐれた人と言うべきだろうか。

愚かで駄目な人も、それなりの家に生まれ、よい時節にあえば高い位に登り、おごりを極めることもある。すぐれていた賢人・聖人が、自ら賤しい位に留まり、時節にあわず死んでしまった例も又多い。ひとえに高い官位を望むのも、(利益に惑うことの)次に愚かなことである。

語句

■名利 名声・利益。 ■害を買ひ… 「宝を懐きて以て害を賈はず、表を飾りて以て累を招かず」(文選)をふまえる。 ■身の後には… 「身の後には金を堆くして北斗をササふとも、生前一樽の酒には如かず」(白氏文集・勧酒)。 ■あぢきなし つまらない。 ■うたて 状態がどんどん悪くなるさま。 ■いみじかりし すぐれていた。 


智慧と心とこそ、世にすぐれたる誉も残さまほしきを、つらつら思へば、誉を愛するは人の聞(きき)をよろこぶなり。ほむる人、そしる人、ともに世にとどまらず、伝へ聞かん人、又々すみやかに去るべし。誰をか恥ぢ、誰にか知られん事を願はん。誉は又毀(そし)りの本(もと)なり。身の後の名、残りてさらに益なし。是を願ふも、次に愚かなり。

ただし、しひて智をもとめ、賢を願ふ人のために言はば、知恵出でては偽(いつわり)あり、才能は煩悩(ぼんのう)の増長(ぞうぢょう)せるなり。伝へて聞き、学びて知るは、真(まこと)の智にあらず。いかなるをか智といふべき。可・不可は一条なり。いかなるをか善といふ。まことの人は智もなく徳もなく、功もなく名もなし。誰か知り誰か伝へん。これ、徳を隠し愚を守るにはあらず。本より賢愚得失の境におらざればなり。
迷いの心をもちて名利の要(よう)を求むるに、かくのごとし。万事は皆非なり。言ふにたらず願ふにたらず。

口語訳

智慧と心とこそ、世にすぐれた誉も残したいものであるが、よくよく考えると、誉を愛するのは人の評判をよろこぶのである。誉める人、そしる人、ともにいつまでも世に留まっているものではなく、伝え聞く人も、またまたすぐに世を去ってしまう。誰に対して恥じ、誰に知られる事を願うというのか。誉はまたそしりの本である。死んだ後の名声など、残って何も益は無い。これを願うのも、(高い官位を望むことの)次に愚かなことである。

ただし、しいて智を求め、賢を願う人のために言うなら、知恵が突出すると偽りが生じる。才能は煩悩が増し長じた結果である。人から伝え聞き、学んで知ることは、真の智ではない。どういうものを真の智とへばいいだろう。世間で可とされるものも不可とされるものも、根っこは一つでつながっている。どういうものを真の善といおう。まことの人は智もなく徳もなく、巧も名も無い。誰が知り誰が伝えよう。これは徳を隠し愚を守るのではない。もともと賢愚得失の境地にいないのである。

迷いの心をもって名利の欲望を求めるなら、このようなものだ。万事は皆いつわりのものだ。言うほどのことでもなく願うほどのことでもない。

語句

■人の聞 世人の評判。 ■智慧出でては偽あり 「大道廃れて仁義あり。智慧出でては大偽あり」(老子十八章)による。 ■一条 根っこは一つで、つながっている。 ■要 欲望。

メモ

■兼好は金と金持ちが大嫌いな様子。
■商売人などは俗物の極みとしてさげずまれるのだろう。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク