第四十二段 唐橋中将といふ人の子に、

唐橋中将といふ人の子に、行雅(ぎょうが)僧都とて教相(きょうそう)の人の師する僧ありけり。気の上る病ありて、年のやうやうたくるほどに、鼻の中ふたがりて、息も出でがたかりければ、さまざまにつくろひけれど、わづらはしくなりて、目・眉・額などもはれまどひて、うちおほひければ、物も見えず、二の舞の面(おもて)のやうに見えけるが、ただおそろしく、鬼ノ顔になりて、目は頂(いただき)の方(かた)につき、額のほど鼻になりなどして、後は坊のうちの人にも見えずこもりて、年久しくありて、なほわづらはしくなりて死ににけり。

かかる病もある事にこそありけれ。

口語訳

唐橋中将という人の子に、行雅僧都(ぎょうがそうず)といって、仏法の理論面において人に教える僧があった。気がのぼせ上がる病を患っていて、年を取るにつれて鼻の中がふさがって、息をするのも困難になったので、さまざまに治療したが、病状は悪化して、目・眉・額なども腫れに腫れて、顔じゅうに広がってきたので、物も見えず、二の舞の面のように醜く見えるようになったが、(さらに病状が進むと)ただ恐ろしく、鬼の顔のようになって、目は頭の上のほうにつき、額のあたりは鼻になりなどして、後には僧坊の内の人にも会わず引きこもって住まい、長年経って、さらに病状が悪化して、死んでしまったという。

このような病もある事であったのだなあ。

語句

■唐橋中将 源雅清(1182-1230)。村上源氏・久我(こが)家の庶流。参議左中将。43歳で出家して多武峰に住んだ。 ■行雅僧都 伝未詳。「僧都」は僧正・僧都・律師の次階。 ■教相 仏法の理論面を研究すること。真言宗で実際的な行法「事相」に対して言う。 ■気のあがる 気が頭にのぼる。のぼせ上がる。 ■たくる 「闌くる」。さかりを過ぎる。 ■つくろふ 治療する。 ■わづらはしくなりて 病状が悪化して。 ■腫れまどひて 腫れに腫れて。 ■うちおほひしければ 顔中に広がったので。 ■二の舞の面 舞楽で、安摩(あま)の舞が終わった後舞台に登場し、二人が安摩の舞をまねて滑稽に躍る。一人は老人一人は女性。女性のほうは醜い面を着けている。ここではその女性の面のことを指す。 ■坊 僧坊。

メモ

■淡々とした語り口の中にグロい。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク