第四十四段 あやしの竹の編戸のうちより、いと若き男の、

あやしの竹の編戸のうちより、いと若き男の、月影に色あひさだかならねど、つややかなる狩衣に、濃き指貫、いとゆゑづきたるさまにて、ささやかなる童ひとりを具して、遥かなる田の中の細道を、稲葉の露にそぼちつつ分け行くほど、笛をえならず吹きすさびたる、あはれと聞き知るべき人もあらじと思ふに、行かん方知らまほしくて、見おくりつつ行けば、笛を吹きやみて、山のきはに惣門のあるうちに入りぬ。榻(しぢ)に立てたる車の見ゆるも、都よりは目とまる心地して、下人(しもうど)に問へば、「しかじかの宮のおはします比(ころ)にて、御仏事など候ふにや」と言ふ。

御堂のかたに法師どもまゐりたり。夜寒(よさむ)の風にさそはれくるそらだきものの匂ひも、身にしむ心地す。寝殿より御堂の廊(ろう)に かよふ女房の追風用意(おいかぜようい)など、人目なき山里ともいはず、心づかひしたり。心のままに茂れる秋の野らは、置きあまる露にうづもれて、虫の音(ね)かごとがましく、遣水(やりみず)の音のどやかなり。都の空よりは雲の往来(ゆきき)もはやき心地して、月の晴れ曇る事さだめがたし。

口語訳

みすぼらしい竹の編戸の中から、たいそう若い男の、月の光に色合いははっきりしないが、光沢のある狩衣に、濃い紫の指貫(袴)、たいそう由緒ありげな様子で、小さい童をひとり連れて、遥か向こうまで続く田の中の細道を、稲葉の露に濡れそぼちながら分け入っていくうちに、笛を何とも言えず吹き興じている、趣深く聞き知る人もあるまいと思ううちに、若者の行先を知りたいと思い、目を離さずに着いていくと、笛を吹きやみて、山の際に門のある家に入っていった。

榻に轅を立てている車が見えるのも、都よりも目にとまる感じがして、召使に尋ねると「これこれの宮さまのいらっしゃる時分で、仏事などされているのでしょう」と言う。

御堂の方に法師たちが参っている。夜の寒い風に誘われて漂ってくる、空焚きの香の匂いも、身にしみる心地がする。寝殿から御堂の廊下に通う女房たちが、立ち去った後の残り香について配慮をしているのも、人目も無い山里なのに、心遣いをしていることだ。

心のままに茂った秋の野は、あふれるばかりの露に埋もれて、虫の声が恨みがましく、遣水の音がのどかである。都の空よりは雲の往来も早く思われて、月が晴れたり曇ったり絶えず変化して定まらない。

語句

■あやし みすぼらしい。 ■竹の編戸 竹や葦で編んだ戸。 ■狩衣 貴族の平伏。 ■濃き 紫色が濃い。 ■指貫 狩衣につける袴。 ■ゆゑづく 由緒ある。 ■ささやか 小さな。 ■えならず 何とも言えず。 ■吹きすさぶ 吹き興じる。 ■見おくりつつ 目を離さずに。 ■惣門 貴族の邸宅の正面の正門。大門。 ■榻 しぢ。牛車の、前方に長く突き出した二本の棒(轅ながえ)を載せる台。轅を榻に載せることを「車を立てる」という。轅と轅をつなぐ部分を「軛(くびき)」という。 ■そらだきもの どこからともなく匂って来るように焚く香。 ■廊 神殿造りで正殿と他の建物を結ぶ通路。渡殿。廊下。 ■追風用意。 用例未詳。通り過ぎた時、香の香りが心地よく漂うようにする配慮、みだしなみ? ■人目なき山里ともいはず 人目も無い山里なのに。 「山里は冬ぞ寂しさまさりける人目も草もかれぬと思へば」(『古今集』冬・百人一首) ■秋の野ら 「里はあれて人はふりにし宿なれや庭もまがきも秋の野らなる」(僧正遍照)をふまえる。 ■置きあまる こぼれるほどの。 ■かごとがましく 恨みがましく。「かごと」は恨み言。 ■遣水 寝殿造りの庭内に引き入れた流れ。 ■

メモ

■風景に重ねて、兼好の美少年趣味があらわされている。優雅な貴族的世界。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク