第五十四段 御室に、いみじき児のありけるを、

御室に、いみじき児(ちご)のありけるを、いかでさそひ出(いだ)して遊ばんとたくむ法師どもありて、能あるあそび法師どもなどかたらひて、風流の破子(わりご)やうのもの、ねんごろに営み出でて、箱風情の物にしたため入れて、双(ならび)の岡の便よき所に埋みおきて、紅葉散らしかけなど、思ひよらぬさまして、御所へ参りて、児(ちご)をそそのかし出でにけり。うれしと思ひて、ここかしこ遊びめぐりて、ありつる苔のむしろに並(な)みゐて、「いたうこそこうじにたれ」、「あはれ紅葉をたかん人もがな」、「験(げん)あらん僧達、祈り試みられよ」など言ひしろひて、埋みつる木のもとに向きて、数珠(ずず)おしすり、印ことごとしく結び出でなどして、いらなくふるまひて、木の葉をかきのけたれど、つやつや物も見えず。所の違ひたるにやとて、掘らぬ所もなく山をあされどもなかりけり。埋みけるを人の見おきて、御所へまゐりたる間(ま)に盗めるなりけり。法師ども、言の葉なくて、聞きにくくいさかひ、腹立ちて帰りにけり。

あまりに興あらんとする事は、必ずあいなきものなり。

口語訳

仁和寺に、すばらしい児(ちご)があったのを、どうにかして誘い出して遊ぼうとたくらむ法師たちがあって、芸の達者な遊行僧たちなどを仲間に引き入れて、優美な破子のようなものを、心をこめて作り上げて、箱のような物に調え収めて、双の岡の都合のいい所に埋めておいて、紅葉を散りかけたりして、人に気づかれないようにしておいて、仁和寺の法親王の御所に参って、稚児をさそって外出した。

うれしく思って、ここあそこと遊びめぐって、前もって仕掛けをした、苔がむしろのように広がっている所に並び座って、

「ああすごく疲れた」
「風流に紅葉をたく人がほしいなあ」
「霊験ある僧達よ、祈り試されよ」

など言い合って、宝を埋めていた木のもとで向かい合って、数珠をすり、印を大げさに結び出しなどして、大仰にふるまって、木の葉をかきのけたけれど、まったく物も見えない。

場所が違ったのかと、掘らない所はもう無いというくらい、山を探索したが、無かった。

埋めているのを人が見ておいて、御所へ参上した間に盗んだのだった。法師たちは言葉もなくて、聞き苦しく言い合い、腹を立てて帰ってしまった。

あまりに面白くしようとすると、必ず面白くない結果になるものだ。

語句

■御室 仁和寺の俗称。宇多法皇が仁和寺内に設けた御所の名から、後には仁和寺そのものを指すようになった。 ■能ある 芸の達者な。 ■あそび法師 芸を売り物にする僧形の者。 ■かたらふ 仲間に入れる。 ■破子 中に仕切りのある弁当箱。 ■ねんごろに 心をこめて熱心に。 ■営み出でて 作り上げて。 ■箱風情のもの 箱のようなもの。 ■したため入れて 調え入れて。 ■双の岡 仁和寺の南にある丘。南北に三つの丘が連なり、それぞれ「一の丘」「二の丘」「三の丘」という。 ■便よき所 都合のいい所。 ■思ひよらぬさまして 人が気づかないようにして。 ■御所 仁和寺の中の法親王の御所。 ■ありつる 先ほどの。 ■苔のむしろ 苔がびっしり生えているさまを、むしろと表現した。和歌によく見られる表現。 ■こうじにたれ 「困じ」。疲れた。 ■紅葉をたかん人 「林間に酒を煖(あたた)めて紅葉を焼(た)き、石上に詩を題して緑苔を払ふ」(白氏文集十四、和漢朗詠集上)による。 ■言しろひて 言い合って。 ■印 真言宗などで両手・手の平でさまざまな形を作るのを「印を結ぶ」という。悟りの内容を象徴する。 ■ことことしく 大げさに。 ■いらなく 際立って甚だしい。 ■いさかふ 罵り合う。 ■あいなし 面白く無い。

メモ

■最後の一言「あまりに興あらんとする事は、必ずあいなきものなり」に集約されている。
■イベントは、ひねりすぎない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク