第五十六段 久しく隔りて逢ひたる人の、我が方にありつる事、

久しく隔りて逢ひたる人の、我が方にありつる事、かずかずに残りなく語りつづくるこそ、隔てなくなれぬる人も、ほどへて見るは、はづかしからぬかは。つぎさまの人は、あからさまに立ち出でても、今日ありつる事とて、息もつぎあへず語り興ずるぞかし。よき人の物語するは、人あまたあれど、ひとりに向きて言ふを、おのづから人も聞くにこそあれ。よからぬ人は、誰ともなく、あまたの中にうち出でて、見ることのやうに語りなせば、皆同じく笑ひののしる、いとらうがはし。をかしき事を言ひても、いたく興ぜぬと、興なき事を言ひても、よく笑ふにぞ、品のほど計(はか)られぬべき。

人のみざまのよしあし、才(ざえ)ある人はその事など定めあへるに、おのが身をひきかけて言ひ出でたる、いとわびし。

口語訳

長い間離れていて逢った人が、自分のほうにあった出来事を、数々残り無く語り続けるのは、興覚めなものだ。隔てなく付き合っていた人も、しばらく経って逢うと、遠慮がおこらないものだろうか。

教養・品性が一段劣る人は、ちょっと外出しても、今日あった事だといって、息つく間も無いほど語り興ずるものだ。

教養・品性が高い人が話す時は、人は多くあっても、一人に向いて話すのを、自然と周りの人も聞きいるものだ。

教養・品性が劣る人は、誰ともなく、大勢の中に出て行って、目の前に見ていることのように喋り散らすので、皆同じく笑い騒ぐ。ひどく騒々しい。おかしい事を行っても、むやみに面白がらないのと、興味ないことを言っても、よく笑うのとでは、品性の程度が、計られるであろう。

人の風貌の良し悪し、学問ある人はその事など、お互いに評価しあっている時に、自分の身にひきつけて言い出すのは、たいそう見苦しい。

語句

■あいなし 興ざめだ。 ■かは 「か」は反語、「は」は強意の助詞。 ■つぎさまの人 教養・品性が「よき人」より一段劣っている人。 ■あからさまに ちょっと。 ■息もつぎあへず 息つく間も無く。 ■よき人 教養・品性が高い人。 ■よからぬ人 教養・品性が劣る人。 ■ののしる 騒ぐ。 ■らうがはし 騒々しい。 ■品 品性・品格。 ■みざま 「見様」。容姿。外見。  ■才ある人 学問・教養のある人。 ■定めあへる 評価しあう。 ■わびし 不愉快である。聞き苦しい。

メモ

■ディティールをことこまかに話す人。
■講演も、一人に向かって。
■メルマガも、一人に向かって。
■ゲハハハと笑う声

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク