第五十七段 人の語り出でたる歌物語の、歌のわろきこそ

人の語り出でたる歌物語の、歌のわろきこそ本意なけれ。少しその道知らん人は、いみじと思ひては語らじ。

すべて、いとも知らぬ道の物語したる、かたはらいたく、聞きにくし。

口語訳

人の語り出した歌物語の、歌のまずかった時は実にがっかりする。少し歌の道を知っている人は、そんな歌はひどいと思って語らないものだ。

万事、あまり知らない道の話をするのは、笑止であり、聞き苦しいものだ。

語句

■本意なし がっかりする。 ■かたはらいたし 笑止である。

メモ

■専門の道を尊重する兼好の価値観。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク