第六十八段 筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなるもののありけるが、

筑紫(つくし)に、なにがしの押領使などいふやうなるもののありけるが、土大根(つちおおね)を万(よろづ)にいみじき薬とて、朝ごとに二つづつ焼きて食ひける事、年久しくなりぬ。ある時、館(たち)の内に人もなかりける暇をはかりて、敵(かたき)襲い来りて囲み攻めけるに、館の内に兵(つわもの)二人出で来て、命を惜しまず戦ひて、皆追ひかへしてげり。いと不思議に覚えて、「日比(ひごろ)ここにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戦ひし給ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、「年来(としごろ)頼みて、朝な朝な召しつる土大根らにさぶらふ」といひて失せにけり。

深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるにこそ。

口語訳

筑紫に、なにがしの押領使とかいうようなものがあったが、大根を、すべての病気にきく薬だといって、毎朝二つずつ焼いて食う事が長年にわたっていた。

ある時、武家屋敷の中に人のいない隙をみはからって、敵が襲い来て囲み攻めた所、館の内に武士が二人出てきて、命を惜しまず戦って、皆追い返してしまった。たいそう不思議に思って、「普段はここに住んでいらっしゃるとも見えない人々が、このように戦いなさったのは、どういう人ですか」と尋ねた所、「長年頼みにされて、毎朝召されていた大根でございます」と言って消えてしまった。

深く信心を持っていたからこそ、このような功徳もあったのだろう。

語句

■筑紫 九州全体もしくは九州北部を指す漠然とした言葉。 ■押領使 暴徒の鎮圧・逮捕を行った役人。 ■館 武家屋敷。 ■てげり 「て」は完了の助動詞「つ」の連用形。「けり」は回想の助動詞。完了の意味を強める。「てんげり」と言う場合も多い。 ■ものす 動作や状態をあらわす動詞。ここでは住まう。 ■徳 功徳。

メモ

■大根武士。想像するとかわいい。それっご主人様をお守りしろッという感じで。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク



</