第七十段 元応の清暑堂の御遊びに

元応の清暑堂の御遊(ぎょゆう)に、玄上(げんしょう)は失せにし比(ころ)、菊亭大臣(きくていのおとど)、牧馬(ぼくば)を弾じ給ひけるに、座に着きて、先づ柱(じゅう)をさぐられたりければ、ひとつ落ちにけり。御懐(おんふところ)にそくひを持ち給ひたるにて、付けられにければ、神供(じんぐ)の参るほどによく干(ひ)て、ことゆゑなかりけり。物見ける衣被(きぬかづき)の、寄りて放ちて、もとのやうに置きたりけるとぞ。

口語訳

元応年間に、後醍醐天皇御即位式の後、宮中の清暑堂で催馬楽が催された時、琵琶の名器「玄上」は失われていた時代のこと、菊亭大臣(きくていのおとど)藤原兼季(ふじわらのかねすえ)様が、琵琶の名器「牧馬」をお弾きになる時に、座に着いて、まず柱(じゅう)をおさぐりになったが、一つはずれてしまった。

懐に米をつぶして練った糊をお持ちだったので、それで柱を取り付けた所、神へのお供え者が到着する頃には乾いて、さしさわりが無いようになった。

どんな恨みごとがあったのだろうか。頭から衣被(きぬかづき)を被った女が見物していたが、近づいて琵琶の柱をはずして、もとのように置いたということだ。

語句

■元応 元応年間(1319-21)。後醍醐天皇の時代の年号。ただしこの御遊は実際には文保2年(1318年) ■清暑堂の御遊 大内裏の豊楽院の九堂の一。ここで後醍醐天皇即位の際、大嘗会に続き催馬楽が催された。 ■玄上 「玄象」とも。宮中の琵琶の名器。仁明天皇の時代、藤原貞敏が持ち帰ったとされる。正和5年(1316年)盗まれ、三年後の元応元年発見される。この話は玄上が盗まれて宮中になかった時期のこと。 ■菊亭大臣 太政大臣藤原(西園寺)兼季。実季の子。琵琶の名手。菊花を愛したので菊亭大臣とよばれる。 ■牧馬 ぼくば。玄上とともに宮中に伝わっていた琵琶の名器。これも藤原貞敏が持ち帰ったという。撥面に小馬が二三頭描かれていたため「牧馬」と呼ばれる。 ■柱 じゅう。琵琶の絃の下に立て絃を抑える道具。 ■そくひ 「そくいひ」の略。「続飯」。米粒をつぶし練って作った糊。 ■神供 神へのお供えもの。 ■ことゆえ 事故。さしさわり。 ■意趣 怨み。遺恨。 ■衣被 衣被を着た女性。「衣被」は女性が外出する時に頭からすっぽり覆う単衣(ひとえぎぬ)の白の小袖。 ■放ちて 柱(じゅう)をはずして。

メモ

■後醍醐天皇即位式後すぐのことだから、後醍醐朝が戦乱に覆われることの予兆とも取れる。それとも菊亭大臣と女との間と個人的な確執があり、それにより女が嫌がらせに及んだものか?
■玄上
■柱
■牧馬

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク