第七十一段 名を聞くより、やがて面影はおしはからるる心地するを、

名を聞くより、やがて面影はおしはからるる心地するを、見る時は、又かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。

昔物語を聞きても、この比(ごろ)の人の家の、そこほどにてぞありけんと覚え、人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、誰もかく覚ゆるにや。又、如何(いか)なる折ぞ、ただいま人の言ふ事も、目に見ゆる物も、わが心のうちも、かかる事のいつぞやありしかと覚えて、いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。

口語訳

名を聞くとすぐにその人の容貌が想像できる心地がするが、実際に会うと、またかねて思っていたままの顔をしている人はないものであるよ。昔物語を聞いても、今の世の人の家の、そのあたりの様子のようでもあろうと思われ、人も、今見る人の中に思いなぞらえるのは、誰でもこのように思っているのだろうか。

また、どういう折だったか、今人の言う事も、目に見える物も、自分の心のうちも、こういう事が以前いつかあったと思われて、いつとは思い出さないけれど、確かにあった心地がするのは、私だけこのように思うのだろうか。

語句

■面影 容貌。 ■そこほど そこ(その家)の具合。様子。 ■よそふ なぞらえる。

メモ

■twitter的。これに兼好はどう反応してほしいと期待したのか。
■yahoo知恵袋に書き込んでる感じ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク