第七十四段 蟻のごとくに集まりて

蟻のごとくに集まりて、東西に急ぎ南北に走(わし)る。高きあり賤しきあり。老いたるあり若きあり。行く所あり帰る家あり。夕(ゆうべ)に寝(い)ねて朝(あした)に起く。営む所何事ぞや。生(しょう)を貪り、利を求めてやむ時なし。

身を養ひて何事をか待つ。期(ご)する所、ただ老と死とにあり。その来(きた)る事速(すみや)かにして、念々の間にとどまらず、是を待つ間、何の楽しびかあらん。まどへる者はこれを恐れず。名利におぼれて先途(せんど)の近き事を顧みねばなり。愚かなる人は、またこれを悲しぶ。常住ならんことを思ひて、変化(へんげ)の理(ことわり)を知らねばなり。

口語訳

蟻のように集まって東西に急ぎ南北に走る。身分の高い者あり賤しい者あり。老いたるあり若きあり。行く所あり帰る家あり。夜寝て朝起きる。人の営みは何なのだろう。やたらに長寿を願い、利益を求めてやまない。

身を養って何事を待つというのか。頼む所は、ただ老と死とにある。それは速やかにやってくるのであり、時々刻々の間に留まらない。これを待つ間、何の楽しみがあろうか。世俗にまみれている者はこれを恐れない。名利におぼれて終着点たる死の近いことを顧みないからである。

愚か者はまたこれを悲しむ。不死であることを思って、世の中の万物は変化するという物の道理を知らないからである。

語句

■営む所 生の営み。 ■生を貪り 長寿をむやみに願う。 ■期する処 期待する。あてにする処。 ■念々 時々刻々。刹那刹那。 ■先途 到着点。死。 ■常住 常にそのままでいること。不死。 ■変化の理 万物はうつりかわり一定の状態にとどまらないという道理。無常。

メモ

●方丈記
●サンシャイン60の上から見る

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク