第七十六段 世の覚え華やかなるあたりに

世の覚え華やかなるあたりに、嘆きも喜びもありて、人多く行き訪ふ中に、聖法師(ひじりほうし)のまじりて、言ひ入れたたずみたるこそ、さらずともと見ゆれ。さるべき故ありとも、法師は人にうとくてありなん。

口語訳

世間の誉れ高く華やかな暮らしをしている人のもとに、悲しいことも喜ばしいこともあって、多くの人が訪問している中に、聖法師が混じって、取次を頼んでたたずんでいるのは、そんなことせずともと見える。しかるべき理由があっても、法師は世間の人から遠ざかっていてほしいものだ。

語句

■聖法師 世捨て人。 ■さらず さあらず。

メモ

■坊主に理想持ちすぎ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク