第七十七段 世の中に、その比人のもてあつかひぐさに言ひあへる事

世の中に、その比人のもてあつかひぐさに言ひあへる事、いろふべきにはあらぬ人の、よく案内(あない)知りて、人にも語り聞かせ、問ひ聞きたるこそうけられね。ことに、かたほとりなる聖法師などぞ、世の人の上は、わがごとく尋ね聞き、いかでかばかりは知りけんと覚ゆるまでぞ、言ひ散らすめる。

口語訳

世の中に、その頃、人が話題の中心として噂しあっている事に、直接関係しているはずもない人が、よく事情を知っていて、人にも語り聞かせ、たずね聞いているのは、感心しない。ことに、片田舎の聖法師などが、世間の人の身の上について、自分のことのように尋ね聞き、どうしてそこまで知ってると思えるほどまで、言い散らすようだ。

語句

■人のもてあつかひぐさに言ひあへる事 噂の種として言い合っていること。 ■いろふ 関係する。関与する。 ■案内 事情。 ■うけられぬ 受け入れられない。納得できない。感心しない。

メモ

●宗教人の俗物性。噂好き。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク