第八十段 人ごとに、我が身にうとき事をのみぞ好める。

人ごとに、我が身にうとき事をのみぞ好める。法師は兵(つわもの)の道を立て、夷(えびす)は弓ひく術(すべ)知らず、仏法知りたる気色(きそく)し、連歌し、管弦を嗜みあへり。されど、おろかなるおのれが道よりは、なほ人に思ひ侮られぬべし。

法師のみにもあらず、上達部・殿上人、上ざままでおしなべて、武を好む人多かり。百度(ももたび)戦ひて百度勝つとも、いまだ武勇(ぶよう)の名を定めがたし。その故は、運に乗じて敵(あた)を砕く時、勇者(ようしゃ)にあらずといふ人なし。兵(つわもの)尽き、矢窮まりて、つひに敵に降らず、死をやすくして後、始めて名をあらはすべき道なり。生けらんほどは、武に誇るべからず。人倫に遠く、禽獣に近きふるまひ、その家にあらずは、好みて益(やく)なきことなり。

口語訳

誰も彼も、自分の身に縁遠いことばかり好む。法師は武芸の道をおさめようとし、荒武者は弓引くやり方を知らず、仏法を知っている様子をし、連歌を行い、管弦を嗜みあっている。しかし、中途半端に極めた専門分野よりも、専門外のことはいっそう人にバカにされるに違いない。

法師だけではない。上達部・殿上人といった身分の高い人々までおしなべて、武の道を好む人が多いのだ。百度戦って百度勝っても、いまだ武勇の名を定めることはできない。なぜなら、運に乗って敵を砕く時、勇者でない人は無い。兵が尽き、矢が無くなって、それでも最後まで敵に降伏せず、やすやすと死んで後、はじめて武勇をあらわす道理なのだ。

生きている間は、武勇に誇るものではない。武勇の道は人間の道に遠く、鳥や獣に近いふるまいであるので、武士の家に生まれたのでなければ、好んでも無益である。

語句

■うとき 縁遠い。 ■道を立て 道を専らにする。 ■夷 荒武者。 ■気色 様子。 ■おろかなる 中途半端な ■上達部 三位以上。参議以上の位階に達した貴族。 ■殿上人 宮中の清涼殿の間にのぼることを許された四位・五位・六位の蔵人。 ■上ざま 身分の高い人々。 ■百度戦ひて百度勝つとも 「百戦百勝は善の善なるものに非ざるなり」(孫子・謀攻篇)。 ■「フヨウ」(黒川本色葉字類抄)「ブヨウ」(波多野流平家語り本) ■「アタ」(波多野流平家語り本、日葡辞書) ■「ヨウシャ」(前田本色葉字類抄、易林本節用集)。 ■兵尽き… 「兵尽き矢窮まり、人尺鉄無きも、猶また徒首奮呼し、争ひて先登を為す」(文選・李陵の蘇武に答ふる書)。 ■死をやすくして やすやすと死んで。 ■生けらんほどは 「生け」は「生く」の已然系。「らむ」は完了の助動詞「り」の未然形+推量の助動詞「む」。生きている間は。 ■人倫 人間の道。 ■その家 武士の家。

メモ

●専門外をたしなめる。ひたすら専門を磨け
●売れないものを頑張って売ろうとするのは、愚か。売れるものをより多く売ることに努力すべき。
●多芸多才の後鳥羽上皇はなぜ敗れたか。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク