第八十一段 屏風・障子などの絵も文字も

屏風・障子などの絵も文字も、かたくななる筆様(ふでよう)して書きたるが、見にくきよりも、宿の主(あるじ)のつたなく覚ゆるなり。大方も持てる調度にても、心おとりせらるる事はありぬべし。さのみよき物を持つべしとにもあらず。損ぜざらんためとて、品(しな)なくみにくきさまにしなし、めづらしからんとて、用なきことどもし添へ、わづらはしく好みなせるをいふなり。古めかしきやうにて、いたくこととしからず、費(ついえ)もなくて、物がらのよきがよきなり。

口語訳

屏風・障子などの絵も文字も、見苦しい筆運びで書いたのは、見にくいというより、宿の主人がくだらなく覚えるものだ。およそ持っている道具類によっても、その持っている主人の人柄がくだらなく思えることはあるようだ。(といっても)そう高級な物を持つべきというわけではない。破損しないためということで、下品に醜く仕立て、めずらしいだろうと、いりもしない物を多く添えて、うるさく趣向をこらしているのを言っているのだ。古めかしいようであって、そう大げさでなく、費用もかからず、品質がよい物がよい。

語句

■障子 部屋の内外を仕切る物。衾・衝立・明り障子など。現在は主に明かり障子を「障子」というが、ここでは文字を書く話だから明かり障子ではない。 ■文字 衾に歌などを書いて飾りにした。 ■かたくななる 見苦しい。 ■大方 およそ。 ■心おとり 主人がよくないように思われること。 ■しなす 仕立てる。わざわざ作る。 ■ことことし おおげさな。仰山な。 ■費 出費。

メモ

●百人一首 宇都宮頼綱
●兼好は厳しい。怒られそう

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク