第八十二段 うすものの表紙は

「うすものの表紙は、とく損ずるがわびしき」と人の言ひしに、頓阿(とんあ)が、「羅(うすもの)は上下(かみしも)はつれ、螺鈿(らでん)の軸は貝落ちて後こそいみじけれ」と申し侍りしこそ、心まさりて覚えしか。一部と有る草子(そうし)などの、おなじやうにもあらぬを見にくしといへど、弘融僧都(こうゆうそうづ)が、「物を必ず一具(いちぐ)にととのへんとするは、つたなきもののする事なり。不具なるこそよけれ」と言ひしも、いみじく覚えしなり。

「すべて何も皆、ことのととのほりたるはあしき事なり。し残したるを、さてうち置きたるは、面白く、いきのぶるわざなり。内裏造らるるにも、必ず作りて果てぬ所を残す事なり」と、或人申し侍りしなり。先賢(せんけん)のつくれる内外の文にも、章段の欠けたる事のみこそ侍れ。

口語訳

薄い絹を書物の表紙に貼ったものは、すぐに痛むので困ります」とある人が言ったところ、頓阿が「薄い絹の表紙は、書物の上下がほつれ、貝を散りばめた巻物の軸は、貝が落ちてからが味わい深いことよ」と申しましたのこそ、立派と思いますなあ。

一まとまりになっている書物などの形が統一されていないのを、人は見苦しいと言いますが、弘融僧都が「物を必ず人揃えに整えようとするのは、愚か者のする事である。不揃いこそ味わいがある」と言ったのも、たいそう立派と思います。

「すべて何でも皆、事の整っているのは悪いことである。し残した部分を放置しているのは、面白く、長生きするわざである。内裏を造るにも、必ず作り終わらない所を残すことである」と、ある人が申しましたということです。

昔の賢人のつくった仏典やそれ以外の書物にも、章段の欠けた事がとても多いのでございます。

語句

■うすもの 羅・紗など書物の表紙に使う薄い絹織物。 ■頓阿 時宗の僧。兼好の友人。兼好・慶雲と共に二条為世門下で和歌四天王の一人に数えられた。 ■上下 表紙の上下。 ■はつれ ほつれ。 ■螺鈿の軸 上下に貝をちりばめ装飾した巻物の軸。 ■一部とある草子 何冊かをひとまとめにしている書物。 ■弘融僧都 兼好と同時代の人物で兼好の友人。兼好より四歳ほど年下。仁和寺の僧。弘舜僧正の弟子。 ■先賢 昔の賢人。 ■内外の文 ないげのふみ。仏典(内)とその他の書物(外)。

メモ

●部屋を散らかす言い訳に使える
●ガラクタを捨てられない感じ
●飛蚊症は気にしない。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク