第八十三段 竹林院入道左大臣殿、太政大臣にあがり給はんに

竹林院入道(ちくりんいんのにゅうどう)左大臣殿、太政大臣(だいじょうだいじん)にあがり給はんに、なにの滞りかおはせんなれども、「めづらしげなし。一上(いちのかみ)にてやみなん」とて、出家し給ひにけり。洞院左大臣殿、この事を甘心し給ひて、相国(しょうこく)の望みおはせざりけり。

「亢竜(こうりょう)の悔あり」とかやいふこと侍るなり。月満ちては欠け、物盛りにしては衰ふ。万の事、さきのつまりたるは、破れに近き道なり。

口語訳

竹林院入道左大臣殿が、太政大臣に昇進なさるのに、なんの障りも無くいらっしゃったのだが、「珍しいことも無い。左大臣で止めよう」ということで、御出家なさった。洞院左大臣殿が、この事に共感なさって、太政大臣になる望みはおありにならなかった。

亢竜(こうりょう)の悔…昇りつめた竜は後は下るだけなので、そこに悔いがあるとかいうことでございます。月が満ちると必ず欠けるし、物が盛えると必ず衰える。万事、先がつまっているのは、破滅に近い道なのである。

語句

■竹林院入道左大臣 西園寺公衡(さいおんじきんひら)。延慶2年(1309年)3月左大臣。同年6月出家。正和4年(1315年)没。52歳。 ■太政大臣 太政官の最高官。「則闕の官」といわれ適任者がいない時は空席となった。 ■一上 いちのかみ。左大臣の俗称。 ■洞院左大臣 藤原(洞院)実泰。文保2年(1318)から元亨(げんこう)2年(1322)までと元亨(げんこう)3年から翌年まで左大臣であったがいずれも辞任した。 ■甘心 納得する。同意する。同感する。 ■相国 太政大臣の中国風の言い方。 ■亢竜の悔 「亢竜悔ありとは、盈ちては久しかるべからざるなり」(易経・乾)。「亢」はのぼりつめる。のぼりつめた竜は後は下るしかない。そこが口惜しいことだ、という意味。 ■月満ちては欠け 「月満つれば則ちカけ、物盛りなれば則ち衰ふ」(史記・范雎蔡沢(はんしょさいたく)伝)

メモ

●普通の人はそこまで出世しないので安心してよい。「社長を目指す必要は無い」と言ってると一生係長で終わったり。
●上野東照宮の昇り竜

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク