第八十四段 法顕三蔵の、天竺にわたりて

法顕三蔵の、天竺にわたりて、故郷の扇(おーぎ)を見ては悲しび、病に臥しては漢の食を願い給ひける事を聞きて、「さばかりの人の、無下にこそ心弱き気色(けしき)を、人の国にて見え給ひけれ」と人の言ひしに、弘融僧都、「優に情ありける三蔵かな」と言ひたりしこそ、法師のやうにもあらず、心にくく覚えしか。

口語訳

法顕三蔵が、天竺に渡って、故郷の扇を見ては悲しみ、病に臥しては中国の食事を食べたいと願いなさった事を聞いて、「あれほどの人が、ひどく心弱い様子を、外国でお見せになったことだなあ」と言った所、弘融僧都が、「優しく情け深い三蔵だなあ」と言ったのは実に、法師のようにでもなく、奥ゆかしく思われたことよ。

語句

■法顕三蔵 中国東晋時代の高僧。天竺にわたって13年間滞在し帰国後、仏典の翻訳に努めた。「三蔵」は経・律・論からなる仏典の総称から、それらに通じている高僧のこと。旅行記「高僧法顕伝」がある。 ■扇 たたみ扇は日本にしかなく、これは団扇を指す。 ■心にくし 奥ゆかしい。 ■弘融僧都 兼好と同時代の人物で兼好の友人。兼好より四歳ほど年下。仁和寺の僧。弘舜僧正の弟子。 

メモ

●それほどの人が見せた弱さに対する共感
●日蓮も晩年に故郷をなつかしんだ

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク