第八十五段 人の心すなほならねば

人の心すなほならねば、偽りなきにしもあらず。されども、おのづから正直の人、などかなからん。おのれすなほならねど、人の賢(けん)を見てうらやむは尋常(よのつね)なり。至りて愚かなる人は、たまたまた賢なる人を見て、是を憎む。「大きなる利を得んがために、少しきの利を受けず、偽りかざりて名を立てんとす」とそしる。おのれが心に違(たが)へるによりて、この嘲りをなすにて知りぬ、この人は下愚(かぐ)の性(しょう)移るべからず、偽りて小利をも辞すべからず、かりにも賢を学ぶべからず。狂人の真似とて大路(おーち)を走らば、則ち狂人なり。悪人の真似とて人を殺さば、悪人なり。驥(き)を学ぶは驥のたぐひ、舜を学ぶは舜の徒(ともがら)なり。偽りても賢を学ばんを賢といふべし。

口語訳

人の心はまっすぐではないので、偽りが無いわけではない。そうはいっても、まれには正直の人がいないわけではまない。自分はまっすぐではないのに、人が賢いのを見てうらやむのは世の常である。

極めて愚かな人は、たまたま賢い人に会うと、これを憎む。「大きな利益を得るために、小さな利益を受けない。偽りかざって名を立てようとしているのだ」と文句を言う。自分の心と違っていることによって、この嘲りを為すのだが、ここから知れるというものだ。

この人は愚かの極みであり、その性質がよくなることはなく、嘘にでも小さな利益を辞退することもできず、かりそめにも賢い人から学ぶことのできない者である。

狂人の真似といって大路を走るなら、狂人である。悪人の真似といって人を殺せば悪人である。千里を駆ける駿馬に学ぶのは千里を駆ける駿馬の同類なのだ。(古代の伝説的な徳の高い王)舜に学ぶのは、舜の同士なのだ。嘘にでも賢いことを学ぶものを賢いというのである。

語句

■すなほ まっすぐ。 ■おのづから まれに。時たま。 ■至りて 極めて。 ■下愚 いたって愚か。 ■偽りて 嘘にでも。 ■驥 千里を走る駿馬。 ■舜 古代の伝説的な徳の高い王。

メモ

百五十七段「筆をとれば物書かれ」に通じる。
■君子と小人
■無理してでも、背伸びしてでも『論語』を学ぶべし
■ボランティアは偽善でもいい。それで助かる人もいるのだ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク