第八十七段 下部に酒飲まする事は

下部に酒飲まする事は、心すべきことなり。

宇治に住み侍りけるをのこ、京に、具覚房とて、なまめきたる遁世の僧を、こじうとなりければ、常に申しむつびけり。

或時、迎へに馬を遣(つかは)したりければ、「遥かなるほどなり。口づきのをのこに、先(ま)づ一度せさせよ」とて、酒を出したれば、さし受けさし受け、よよと飲みぬ。太刀うちはきて、かひがひしげなれば、たのもしく覚えて、召し具して行くほどに、木幡のほどにて、奈良法師の兵士(ひょうじ)あまた具してあひたるに、この男たちむかひて、「日暮(く)れにたる山中に、あやしきぞ。とまり候へ」と言ひて、太刀を引き抜きければ、人も皆太刀抜き、矢はげなどしけるを、具覚房、手をすりて、「うつし心なく酔ひたる者に候。まげて許し給はらん」と言ひければ、各(おのおの)嘲りて過ぎぬ。この男具覚坊にあひて、「御房は口惜しき事し給ひつるものかな。おのれ酔ひたる事侍らず。高名(こうみょう)仕らんとするを、抜ける太刀むなしくなく給ひつること」と怒りて、ひた斬(ぎ)りに斬りおとしつ。さて、「山賊(やまだち)あり」とののしりければ、里人おこりて出であへば、「我こそ山賊よ」と言ひて、走りかかりつつ斬りまはりけるを、あまたして手負ほせ、打ち伏せてしばりけり。馬は血つきて、宇治大路(おーち)の家に走り入りたり。

あさましくて、をのこどもあまた走らかしたれば、具覚房は、くちなし原にによひ伏したるを、求め出でてかきもて来つ。からき命生きたれど、腰斬り損ぜられて、かたはに成りにけり。

口語訳

下僕に酒飲ませる事は、注意すべきことである。

宇治に住んでいました男が、京に、具覚房といって、上品で世俗から離れた僧を、妻の兄弟なので、いつも親しく交際していた。

ある時 、(宇治にいるこの男が京都にいる具覚房のもとに)迎えに馬を遣わせた所、(具覚房は)「遥かな道のりだ。馬の口を引く男に、まずは一杯飲ませてやれ」といって、(自分の召使いに命じて)酒を出させたところ、(馬の口を引く男は)杯をさし受け、さし受け、ぐいぐいと飲んだ。

馬の口を引く男は腰に太刀をはいて、きびきびした様子なので、(具覚房は)頼もしく思われて、召し連れて行くうちに、木幡山のあたりで、奈良法師が警備の兵士を多く連れているのに出くわしたところ、この馬の口を引く男は立ち向かって、「日の暮れた山中に、あやしいぞ。止まりなされ」と言って太刀を引き抜いたので、警護の兵士たちも皆太刀を抜き、矢をつがえなどしたのを、具覚房は手をすり合わせて、「正気を失って酔っている者でございます。道理を曲げてお許しください」と言ったので、めいめい嘲って通り過ぎた。

この馬の口を引く男は、具覚房に向かって、「御坊は残念なことをなさってくれたものだなあ。私は酔ってなどいない。手柄を立てようとしていたのを、抜いた太刀を無駄にされてしまったことだ」と怒って、めった斬りに斬って具覚房を馬から落としてしまった。

さて「山賊がいる」と大声で騒いだので、里人が大挙して出てきた所、「俺こそが山賊だ」と言って走りかかりつつ斬りまわったのを、大勢で傷を負わせ、押えこんで縛り上げた。

馬は血がついて、宇治の大路の家に走り入った。家の主人の男は呆れて、下僕たちを大勢走らせた所、具覚房は、くちなしの野原にうめいて伏していたのを、探し出して担ぎ上げて連れてきた。

なんとか一命は取り留めたものの、腰を斬られて傷つけられ、不具の体になってしまった。

語句

■下部 下僕。 ■なまめかし 上品だ。 ■遁世 俗世間から離れた。 ■こじうと 妻の兄弟。 ■申しむつぶ 「言ひむつぶ」の謙譲表現。親しく交際する。 ■口づきのをのこ 馬の口を引いていく男。 ■一度せさせよ 一杯酒を飲ませよ。 ■よよと 勢いよく飲むさま。 ■うちはきて 「うち」は強意の接頭語。「はく」は腰に帯びる。 ■かひがひしげ きびきびしている。 ■木幡 京都府伏見区大亀谷あたりの山地。京都から宇治へ向かう途中の山道。恐ろしげな山道として古典作品に出てくる。 ■奈良法師 奈良の東大寺・興福寺などの僧。 ■兵士 「ヒヤウジ」 ■矢はげ 矢をつがえて ■手をすりて 手をすり合わせて。 ■うつし心 正気。 ■まげて 道理を曲げて。当然処罰されるべき所ですが、そこを何とか、道理を曲げて。 ■あひて 対して。 ■ひた斬り めった斬り。「ひた」はひたすら、一途にという意味の接頭語。 ■ののしる 大声で騒ぐ。 ■おこりて 大挙して。 ■宇治大路の家 宇治の大路沿いにある家。この家の主人「男」が、京都の具覚房のもとまで馬を出したのである。 ■あさましくて あきれはてて。 ■くちなし原 「木幡山あるはさながら口なしの宿かるとてもこたへやはせん」(新撰六帖 知家)このあたりに口なしの原っぱがあったらしい。 ■によひ うめいて。 ■かきもて来つ 担ぎ上げて連れてきた。 ■からき命 危うい命。

メモ

●宇治から京都に使いの馬をやって、馬が京都から宇治へ向かうという状況。
●バカにtwitterさせる事も、心すべきことなり。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク