第九十段 大納言法印の召し使ひし乙鶴丸

大納言法印の召し使ひし乙鶴丸、やすら殿といふ者を知りて、常に行き通ひしに、或時出でて帰り来たるを、法印、「いづくへ行きつるぞ」と問ひしかば、「やすら殿のがりまかりて候」と言ふ。「そのやすら殿は、男か法師か」と又問はれて、袖かきあはせて、「いかが候ふらん。頭(かしら)をば見候はず」と答へ申しき。などか頭ばかりの見えざりけん。

口語訳

大納言法印が召し使っていた乙鶴丸が、やすら殿という者とねんごろになって、常に行き通っていた所、ある時乙鶴丸が外出して帰ってきたのを、法印が「どこへ行ってきたのだ」と質問すると、「やすら殿の所へ行って参りました」と言う。「そのやすら殿は、俗人か法師か」とまた質問されて、袖をすり合わせて、「どうでしょうか。頭を見ませんでした」とお答えした。どうして頭だけ見えなかったのだろう。

語句

■大納言法印 大納言の子で法印となった人。誰を指すかは未詳。円伊(第八十六段)・道我(第百六十段)・隆弁(第二百十六段)が候補。特定できない。 ■乙鶴丸 未詳。 ■やすら殿 伝未詳。安良と書くか。乙鶴丸を寵愛していた者と思われる。 ■知りて ねんごろになって。 ■がり ~の許。その人のいる所。 ■男 「法師」に対する俗人の意味。 ■袖かきあはせて かしこまる様子。

メモ

●男色関係。後ろから犯された。
●「き」兼好が直接見聞きした場面

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク