第九十八段 尊きひじりの言ひ置きける事を書き付けて

尊きひじりの言ひ置きける事を書き付けて、一言芳談とかや名づけたる草紙を見侍りしに、心にあひて覚えし事ども。

一、しやせまし、せずやあらましと思ふ事は、おほやうは、せぬはよきなり。

一、後世を思はん者は、糂汰瓶(じんだがめ)一つも持つまじきことなり。持経・本尊にいたるまで、よき物を持つ、よしなき事なり。

一、遁世者(とんせいじゃ)は、無きに事欠けぬやうをはからひて過ぐる、最上のやうにてあるなり。

一、上臈は下臈になり、智者は愚者になり、徳人(とくにん)は貧になり、能ある人は無能になるべきなり。

一、仏道を願ふといふは、別(べち)の事なし。いとまある身になりて、世の事を心にかけぬを第一の道とす。

この外もありし事でも、おぼえず。

口語訳

尊い聖人が言い残した事を書き付けて、一言芳談とか名付けた草子を見ました時に、心にあって覚えている事どもは、

一、したものか。しないものかと思う事は、たいがいは、しないがよいのである。

一、来世で往生しようと願う者は、ぬかづけを入れる瓶一つも持ってはならないことである。常に携帯して読んでいる経文や、守り本尊に至るまで、よい物を持つのは、無益なことである。

一、出家隠遁する者は、物が不足していても不自由しないようにはからって生活するのが、最上の生活の仕方である。

一、年功を積んだ位の高い僧は位の低い僧のような気持ちを持ち、知恵ある者は愚か者の気持ちを持ち、金持ちは貧乏人の気持ちを持ち、能ある人は無能な人の身になるべきである。

一、仏の道を願うということは、他でもない。暇のある身になって、世間の事を心にかけないを第一の道とする。

この外もいろいろあったが、忘れた。

語句

■一言芳談 作者・成立年未詳。浄土宗の高僧などの言葉を三十四人ぶん百五十余条収録したもの。 ■しやせまし… 明禅法印の語。 ■後世を思はん者は 俊乗房重源の語。 ■糂汰瓶 ぬかみそを入れる瓶。 ■持経 身を離さず持って読む経。 ■本尊 守り本尊。常に身の守りとして信仰している仏像。 ■よしなき事 無益なこと。 ■無きに事欠けぬ… 敬仏房の語。「事欠く」は不足する。「やう」は方法。 ■上臈は… 松蔭顕性房の語。「上臈」は年功を積んで高い地位にある僧。 ■徳人 得人。金持ち。 ■仏道を願ふといふは… 行仙房の語。

メモ

●世捨て人精神は正しい。
●わが庵は都のたつみ
●「もっと世の中と関われ!」とか説教する人には言ってやりたい段

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク