第百段 久我相国は

久我相国(こがのしょうこく)は、殿上にて水を召しけるに、主殿司(とのもづかさ)、土器(かわらけ)を奉りければ、「まがりを参らせよ」とて、まがりしてぞ召しける。

口語訳

久我太政大臣は、清涼殿の殿上の間で水を召しあがる時に、主殿司(殿上の雑事を行う女官)が素焼きの器を持ってきた所、「まがりを持って参れ」といって、まがりで水を召しあがった。

語句

■久我相国 太政大臣源通光。前段の基具の大叔父。寛元4年(1246)太政大臣。宝治2年(1248)没。62歳。 ■殿上 清涼殿の殿上の間。 ■主殿司 殿上の雑事を行う女官。 ■土器 素焼きの器。 ■まがり 未詳。諸説あり。

メモ

●宮中の故実に忠実であることを兼好は好んだ。しかし「まがり」がよくわからない。
●こまごました規則があったらしいが、現代人にはよくわからない。
●前段に続き兼好が仕えた堀川家についての話だが、こちらは肯定的な話。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク