第百五段 北の屋かげに消え残りたる雪の、

北の屋かげに消え残りたる雪の、いたう凍りたるに、さし寄せたる車の轅(ながえ)も、霜いたくきらめきて、有明の月さやかなれども、隈(くま)なくはあらぬに、人離れなる御堂(みどう)の廊(ろう)に、なみなみにはあらずと見ゆる男、女となげしに尻かけて、物語するさまこそ、何事にかあらん、尽きすまじけれ。かぶし・かたちなど、いとよしと見えて、えもいはぬ匂ひの、さとかをりたるこそ、をかしけれ。けはひなど、はつれはつれ聞えたるもゆかし。

口語訳

北の家陰に消え残った雪が、たいそう凍っている時、さし寄せた車の轅にも霜がたいそうきらめいていて、有明の月がさやかであるが、曇りがまったくないというわけではない。そんな景色の中に、人の訪れも無い御堂の廊下に、人並で無いと見える男が、女となげし(敷居の下に横に渡した材木)に腰掛けて、物語する様子は、何を話しているのだろうか、尽きることが無いようだ。

顔つき・容貌など、たいそう美しいと見えて、何とも言えない匂いが、さっと香るのは、趣深い。声など、所々聞こえるのもいいものだ。

語句

■屋かげ 家陰。 ■轅 牛車に前に長く突き出している二本の棒。その間に牛をはさみこんで固定する。 ■有明の月 夜明けにまだ空に残っている月。 ■隈なくはあらぬ 曇りが無いというわけではない。 ■廊 廊下。 ■なげし 敷居の下に横にわたす材木。 ■かぶし・かたち 顔つき・容貌。 ■けはひ 声。 ■はつれはつれ 部分部分。 

メモ

■枕草子的文体を意識。
■実体験というより兼好の古典的美意識。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク