第百六段 高野証空上人、京へのぼりけるに、

高野(こうやの)証空上人(しょうくうしょうにん)、京へのぼりけるに、細道にて、馬に乗りたる女の行きあひたりけるが口ひきける男、あしくひきて、聖の馬を堀へおとしてげり。

聖いと腹悪しくとがめて、「こは希有(けう)の狼藉かな。四部(しぶ)の弟子はよな、比丘(びく)よりは比丘尼(びくに)はおとり、比丘尼より優婆塞(うばそく)はおとり、優婆塞より優婆夷(うばい)はおとれり。かくのごとくの優婆夷などの身にて、比丘を堀へ蹴入れさする、未曽有の悪行なり」と言はれければ、口ひきの男、「いかに仰せらるるやらん、えこそ聞き知らね」と言ふに、上人なほいきまきて、「何といふぞ。非修非学の男」とあららかに言ひて、きはまりなき放言(ほうごん)しつと思ひける気色(けしき)にて、馬ひき返して逃げられにけり。

尊かりけるいさかひなるべし。

口語訳

高野の証空上人が、京へ上った時に、細道にて、馬に乗っている女に行きあった所、馬の口取りの男が、悪い具合に引いて、上人の馬を堀に落としてしまった。

上人はたいそう腹を立てて文句を言って、「これはひどい乱暴であるよ。仏の四種の弟子というものはだな、出家した男の僧より出家した女の僧は劣り、出家した男の僧より在家の男の僧は劣り、在家の男の僧より在家の女の僧は劣るのだ。このような在家の女ごときの分際で、出家した僧を堀へ蹴り入れるとは、前代未聞の悪行だぞ」と言ったところ、口取りの男は「何をおっしゃっているのか、さっぱりわかりません」と言うので、上人はなおも息荒く怒って、「何を言うか。修行もせず、学問も無い男の分際で」と声を荒げて言ったところ、(さすがに我に返って)我ながらひどい暴言を言ったものだと思った様子で、馬を引き返してお逃げになったということだ。

さぞかし尊いご叱責であったことだろう。

語句

■高野証空上人 伝未詳。 ■落としてげり 落としてしまった。「てげり」は「てんげり」の変化して「ん」を無表記にしたもの。過去の助動詞+完了の助動詞。 ■口ひきける男 馬の口取りの男。 ■腹悪しくとがめて 腹を立てて相手を非難して。 ■よな 念を入れる語。よな。 ■希有 とんでもない。 ■狼藉 無礼。 ■四部 仏の四種の弟子。 ■比丘 出家した男の僧。 ■比丘尼 出家した女の僧。 ■優婆塞 在家の男の僧。 ■優婆夷 在家の女の僧。 ■いきまく 怒りで息が荒くなるさま。 ■非修非学 修行もせず学問も無いこと。 ■いさかひ ここでは叱責。叱ること。

メモ

■上人がヒドイこと言って、さすがに我に返って反省した。
■最後の一文は兼好の皮肉か。
松尾芭蕉『笈の小文』に「跪はやぶれて西行にひとしく、天龍の渡しをおもひ、馬をかる時はいきまきし聖の事心にうかぶ」とある。「いきまきし聖」はこの高野証空上人のこと。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク