第百八段 寸陰惜しむ人なし

寸陰惜しむ人なし。これよく知れるか、愚かなるか。愚かにして怠る人のために言はば、一銭軽(かろ)しといへども、是(これ)をかさぬれば、貧しき人を富める人となす。されば、商人(あきびと)の一銭を惜しむ心、切(せつ)なり。刹那覚えずといへども、これを運びてやまざれば、命を終ふる期(ご)、忽(たちま)ちに至る。

されば、道人は、遠く日月(にちげつ)を惜しむべからず。ただ今の一念、むなしく過ぐる事を惜しむべし。もし人来(きた)りて、我が命、明日は必ず失はるべしと告げ知らせたらんに、今日の暮るるあひだ、何事をか頼み、何事をか営まん、我等が生ける今日の日、なんぞその時節にことならん。

一日(いちにち)のうちに、飲食(おんじき)・便利・睡眠(すいめん)・言語(ごんご)・行歩(ぎょうぶ)、やむ事をえずして、多くの時を失ふ。その余りの暇(いとま)幾ばくならぬうちに、無益(むやく)の事をなし、無益の事を言ひ、無益の事を思惟(しゆい)して時を移すのみならず、日を消(しょう)し、月をわたりて、一生を送る、尤も愚かなり。

謝霊雲は法華の筆受(ひつじゅ)なりしかども、心、常に風雲の思ひを観ぜしかば、恵遠(えおん)、白蓮(びゃくれん)の交りを許さざりき。暫くもこれなき時は、死人におなじ。光陰何のためにか惜しむとならば、内に思慮なく、外に世事(せじ)なくして、止まん人は止み、修せん人は修せよとなり。

口語訳

少しの時間を惜しむ人は少ない。これはよく物事をわかっているからなのか。単に愚かなのか。愚かで怠け者のために言っておくと、一銭は軽いといっても、これを重ねれば、貧しい人を富める人にできる。なので、商人が一銭を惜しむ心は、切実なのだ。

一瞬という短い時間は意識されないといっても、これをずっと過ごしていると、命を終える時がたちまちやって来る。

なので、仏教の修行をする人は、遠い未来までの月日を惜しむべきでない。ただ今のこの一瞬を、空しく過ごすことを惜しむべきだ。もし人が来て、お前の命は明日は必ず失われるだろうと告げ知らせたなら、今日という一日が暮れるまでの間、何事を頼み、何事を営もう。我々が生きている今日という一日も、どうして、明日死ぬといわれたその一日と違うことがあるだろう。

一日のうちに、飲食・便通・睡眠・会話・歩行など、やむを得ないことで多くの時を失う。その余りの時間はどれほども無い中で、無益な事をなし、無益な事を言い、無益な事を考えて時を過ごすのみならず、日を浪費し月を経過し、一生を送る。まったく愚かである。

中国南北朝時代の文人・謝霊雲は、法華経の筆録を行ったが、心に常に立身出世の野望を念じていたので、中国浄土教の創始者・恵遠は、念仏結社・白蓮社の仲間に加わることを許さなかった。

ほんの短い間でも、一瞬という短い時間を惜しむ心が無い時は、死人と同じである。一瞬を何のために惜しむかといえば、内には雑念を無くし、外には俗世間の事と交わりを断ち、悪を止めようとする人は止め、善を行おうとする人は行えというのである。

語句

■寸陰 ちょっとの間。 ■刹那 仏語。きわめて短い時間。 ■道人 仏教の修行をする人。 ■その時節 明日は死ぬといわれたその時期。

■飲食 おんじき。仏語。 ■便利 仏語。大便・小便。 ■睡眠 仏語。すいめん。 ■行歩 歩行。 ■時を移す 時を過ごす。

■謝霊雲 385-433。中国南北朝時代の文人。東晋の名門に生まれるが東晋滅亡後、宋に仕え出世を重ねた。しかし心に常に不満があり、それを紛らわせるように贅沢な遊びを行った。後年、謀反を疑われて斬殺された。 ■法華の筆受 『法華経』の筆禄者。ただし謝霊雲は『涅槃経』の筆録はしたが『法華経』はしていない。兼好の思い違いか。 ■風雲の思ひ 立身出世を願うこと。 ■観ず 思念する。念願する。 ■恵遠 334-146。中国南北朝時代の東晋の高僧。中国浄土教の創始者。 ■白蓮社 恵遠が廬山東林寺で数百人と共に結成した念仏結社。 ■思慮 雑念。 ■止まん人は止み、修せん人は修せよ 悪を止めようという人はやめ、善を行おうという人は行え。

メモ

■「遠く日月(にちげつ)を惜しむべからず。ただ今の一念、むなしく過ぐる事を惜しむべし」これだけ抜粋して机の前に貼る。
道元『正法眼蔵』に「この一日の身命は、たふとぶべき身命なり。(中略)一日をいたずらにつかふことなかれ。この一日はをしむべき重宝(ちょうほう)なり。(中略)一日百歳のうちの一日は、ひとたびうしなはん、ふたゝびうることなからん」。
■出世すら願ってはいけないと!
■酒飲んでる時聴くとキリキリ
■だらだらネットしてると一生が終わる。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク