第百九段 高名の木登りといひしをのこ、人をおきてて、

高名の木登りといひしをのこ、人をおきてて、高き木に登(のぼ)せて梢を切らせしに、いと危ふく見えしほどは言ふ事もなくて、おるるときに軒長(のきたけ)ばかりになりて、「あやまちすな。心しておりよ」と言葉をかけ侍りしを、「かばかりになりては、飛びおるるともおりなん。如何(いか)にかく言ふぞ」と申し侍りしかば、「その事に候。目くるめき、枝危ふきほどは、おのれが恐れ侍れば申さず。あやまちは、やすき所になりて、必ず仕る事に候」といふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。鞠も、難き所を蹴出して後、安く思へば、必ず落つと侍るやらん。

▼音声が再生されます▼

口語訳

名高い木登りという男が、人に指導して、高い木に登らせて梢を切らせる時、たいそう危なく見えるうちは何も言わず、木を下りる時軒の高さほどになって、「しくじるな。心しておりろ」と言葉をかけましたのを、「これくらいになれば、飛びおりても無事におりられよう。どうしてそのように言うのか」と申しました所、「その事でございます。目がくらくらするほど高く、枝が危ないうちは、自分自身の恐怖心がございますので、何も申しません。失敗は、安全な所になって、必ず起こる事でございます」と言う。

身分の低い下賤な者の言う事ではあるが、聖人の戒めにかなっている。蹴鞠も、難しい所をうまく蹴り上げた後、余裕だと思ったら、必ず落ちるものだとか申すそうでございます。

語句

■高名 名高い。 ■おきてて 「掟て」。指図して。 ■軒長 軒の高さ。 ■目くるめく 目がくるくる回ること。くらくらすること。 ■下臈 身分の低い者。 ■聖人の戒め 「君子は、安けれど危きを忘れず、存すれども亡びんことを忘れず、治まれども乱れんことを忘れず、ここを以て身安くして国家保つべきなり」(易経・繋辞)のことを指すか。 ■鞠 蹴鞠。

メモ

■専門家の知恵を語って有名な章段。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在22000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク