第百十段 双六の上手といひし人に、

双六の上手といひし人に、その行(てだて)を問ひ侍りしかば、「勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり。いづれの手かとく負けぬべきと案じて、その手を使はずして、一目(ひとめ)なりともおそく負くべき手につくべし」といふ。

道を知れる教、身を治め、国を保たん道も、又しかなり。

口語訳

双六の上手という人に、そのやり方を質問しました所、「勝とうとして打ってはならない。負けまいとして打つべきだ。どの手を打てば早く負けるだろうと考えて、その手を使わずに、一目でも遅く負けるようなやり方をすべきだ」と言う。

その道をよく知った教えであって、身を治め、国を保つ道も、又同じである。

語句

■双六 今の双六とは違う。二人で対局し、それぞれ黒・白の十二の駒を担当し、二個の賽子を筒に入れて振出、出目によって盤上を進めていく。すべての駒が敵陣に侵入したら勝ち。賭博としても行われた。 ■一目 双六の盤の筋目。

メモ

■今の双六とぜんぜん違う。
■孫子
■商売のありよう。
■倒産するのは在庫があるから。最低でもゼロにしかならないビジネスを。
■パチプロが似たようなことを言ってた。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク