第百十三段 四十にもあまりぬる人の、色めきたる方、

四十(よそぢ)にもあまりぬる人の、色めきたる方、おのづから忍びてあらんは、いかがはせん、言(こと)にうち出(い)でて、男・女の事、人のうへをも言ひたはぶるるこそ、似げなく、見苦しけれ。

大かた聞きにくく見苦しき事、老人(おいびと)の若き人にまじはりて、興あらんと物言ひゐたる。数ならぬ身にて、世の覚えある人をへだてなきさまに言ひたる。貧しき所に、酒宴好み、客人(まれびと)に饗応(あるじ)せんときらめきたる。

口語訳

四十も過ぎた人が、なまめかしい色恋の方面に、たまたま忍んで行っているのは仕方ないが、わざわざ言葉に出して、男女のことを他人の身の上も言い戯れているのは、年相応でなく、見苦しいものだ。

およそ聞きづらく見苦しい事は、老人が若い人に交って、ウケるだろうと物を言っている姿。取るに足らない分際で、世間の誉高い人をまるで知り合いのように馴れなれしく言うこと。貧しい家で、酒宴を好み、客にご馳走しようと派手にふるまっているさま。

語句

■色めきたる方 なまめかしい方面。色恋の方面。 ■おのづから たまたま。 ■人のうへ 他人の身の上。 ■似げなし 年相応でない。 ■きらめく 派手にふるまう。

メモ

■身のほどをわきまえろという話。
■老害
■不惑

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク