第百十六段 寺院の号、さらぬ万の物にも、

寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は少しも求めず、ただありのままに、やすく付けけるなり。この比(ごろ)は深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。人の名も、目なれぬ文字を付かんとする、益なき事なり。

何事もめづらしき事をもとめ、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。

口語訳

寺院の名をはじめとして、その他あらゆる物にも、名を付ける事において、昔の人は少しも趣向をこらさず、ただありのままに、わかりやすく付けたのである。この頃は深く考え、知性をみせびらかそうとしているように思われる、たいそうわずらわしいものだ。

人の名も、見慣れない文字を付けようとする、無益なことだ。

何事も珍しい事を求め、奇抜な説を好むのは、教養の無い人が必ずやる事であるという。

語句

■寺院の号 寺の名。 ■さらぬ 「さあらぬ」の詰まった形。その他の。 ■求めず 趣向をこらさず。 ■むつかし 感じが悪い。わずわらしい。嫌味だ。 ■異説 奇抜な説。

メモ

■DQNネーム
■陰謀史観
■素直を愛し、さかしらを嫌った兼好の価値観。
■俗名を音読みして兼好法師といったのも、この姿勢か。仰々しい法名などは付けなかった。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク