第百二十段 唐の物は、薬の外は、なくとも事欠くまじ。

唐の物は、薬の外は、なくとも事欠くまじ。書(ふみ)どもは、この国に多くひろまりぬれば、書きても写してん。唐土船(もろこしぶね)のたやすからぬ道に、無用の物どものみ取り積みて、所狭(ところせ)く渡しもて来る、いと愚かなり。

「遠き物を宝とせず」とも、又、「得がたき貨(たから)を貴(とうと)まず」とも、文に侍るとかや。

口語訳

中国の物は、薬の外は、無くても不自由しないだろう。書物の類は、この国に多く広まっているので、書き写すこともできる。中国の船が困難な航路で、多くのいらない物を積みこんんで、船いっぱいに載せて次々と渡してくるのは、大変愚かなことである。

「遠き物を宝とせず(遠くにある物を宝と思わない)」とも、また「得がたき貨(たから)を貴(とうと)まず」(手に入れにくい宝をありがたがらない)とも、書物にあるとかいうことでございます。

語句

■写してん 完了の助動詞「つ」の未然形に、推量+可能の助動詞「む」がついたもの。~できるだろう。 ■唐土船 中国の船。 ■たやすからぬ道 困難な航路。 ■所狭く 船いっぱいに、あふれるほどに。 ■もて来る 「もて」は進行・継続。どんどん運んでくる。 ■遠き物を宝とせず 「遠き物を宝とせざれば、則ち遠き人いたる」(書経・旅獒) ■得がたき貨を貴まず 「得がたき貨を貴ばざれば、民をして盗をなさざらしむ」(老子・不尚賢) 

メモ

■わざわざ海外に行く必要はない。黙って京都へ。

朗読・解説:左大臣光永


スポンサーリンク

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク